Help us understand the problem. What is going on with this article?

One Hour One Codingをやってみる

※ただの決意表明記事です。

One Hour One Codingとは

筆者が勝手に作った造語(記事を書く際のマイルール)です。

Qiitaのアカウントを作ったものの、敷居が高く感じて投稿することができていませんでした。
そこで「記事を書くことへの心理的障壁を下げる」ために、記事を投稿するためのマイルールを作りました。

完全に余談ですが、One Hour One Lifeにインスパイアされています。

目的

  1. 自分自身の技術力向上
  2. 調べた内容の備忘録
  3. アウトプットすることで理解を深める
  4. 他に似たようなことをしたい人への参考資料

ルール

ルールは「何かを実装して、90分以内に記事として投稿する」こと。

1. 実装:制限時間60分

下記の全てをこの時間内に収めること。
(実装時間が伸びると記事の投稿までたどり着かずに終わるので、制限時間は厳守。)

  • 実装するものを考える
  • 実装するために調べる
  • 実際に実装する

2. 記事作成:制限時間30分

記事の作成時間を30分以内に収めること。
(ここまでやれば投稿するはずなので、多少時間が伸びることも許容。)

One Hour One Codingでやったこと

投稿日付 タイトル 一言
2018/11/26 「ASP.NET Web API でモデルの検証」を試してみる
2018/11/28 Windows10でScalaの開発環境を作るためにやったこと
2018/12/07 IntelliJとScalaでHello Worldした際に、はまったこと 大苦戦して10時間ぐらい...
2019/01/17 Scalaで変数を使う バタバタで期間空きました
2019/01/22 Scalaでループ構文を使う
2019/01/23 Scalaで条件分岐を使う
2019/02/03 Scalaでクラスを使う
2019/02/06 ScalaでHttpClientを使って、HttpRequest(GET)を送る
2019/02/06 ScalaでHttpClientを使って、HttpRequest(POST)を送る
2019/02/19 VisualStudio2017で、Python3/OpenCVを使って画像を表示する
2019/02/24 VisualStudio2017で、Python3/OpenCVを使って動画を加工する
2019/02/26 C#からPythonスクリプトを呼び出す
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away