Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kindle UnlimitedでLaravelリファレンス本[5.1]が読めた

More than 3 years have passed since last update.

読もうか迷ってる内にすっかり忘れてた本でちょうどいいので読んでみる。
Laravelエキスパート養成読本は買って読んでるけど別に読まなくても良かったかなぁって感想。
本の情報はどうしても古くなるから。

Laravel使うようになったのは 「公式ドキュメント(の日本語訳)だけで使えたから」 だから。
他のフレームワークでは公式が役に立たないから散々検索してなんとか動かせてる状態。
ルーティングのためになんでこんなこと書くんだろう…DBのためになんでこんなこと書くんだろう…。
FWの仕様に合わせるために無駄な作業が多かった。
そんな経験の上でだけどLaravelは本当に公式ドキュメントだけで理解できるくらい分かりやすかった。

Laravel使うのに本はいらないと思う。

Kindle版

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

電子書籍としては微妙。

III はじめに

最近のPHPはコンポーネント指向だと思ってるけど、1ページ目よりも前の一番最初の最初に同じこと書いてあった…。考えることは誰でも同じか。

016

vagrantへのsshは

vagrant ssh

だけでいいはず。

127

Eloquentでの更新でもプロパティやupdate()使ってるけどこれは$fillable無視して更新するから安全に行くなら更新はほとんどfill()使うほうがいいかも。
更新だけでなく新規でもだけど。
update()とfill()->save()は結果は同じに見えても中身は少し違う。
公式ドキュメントに書かれてないので気付けない。

...

読みながら書こうとしてたけどそんなに書くことなかった。

リポジトリパターン

Laravelでは割りと初期からリポジトリパターンが推奨されてるけど別に公式にはそんなに推奨してないよな…。
ユーザー側が勝手にこれがいいと言ってるだけで。
Laravelの良いところ殺して無駄に複雑にしてる。
コントローラーで直接Eloquent使ってもいい、もう少し分割するならサービスクラス作ってそっちからEloquent使う。
最初はその程度でいいと思う。

DBの変更しやすくするため?
DBの変更とかしたことない…。
テストしやすくするため?
DBが必要な箇所は実際にDB使ってテストしたほうがいい…。
オンメモリSQLiteとDatabaseMigrationsとモデルファクトリでやりやすく作られてるわけだし。

規模が大きくなって必要になってからリファクタリングで十分。

終わり

自分なりの使い方が固まってる人にはやっぱり不要かなぁ。
これから覚える人にも「公式ドキュメント読めばいい(日本語版と英語で最新バージョン確認)」だけで良さそう。
ドキュメント以上のことはGitHub見る。

追記

1週間で早々に対象外になって終了。
これ以外にも大量に対象外になってるのでKindle Unlimitedはそういうサービスってことだなぁ。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away