コーディングいらず!GUIでお手軽に自然言語処理実装ができる「Dialogflow」の紹介

Dialogflow_dsa.PNG

※この情報は2018年4月26日(木)のものです。

データサイエンスアカデミーの河部です。
今回は、自然言語処理ツールが実装できるDialogflow(旧:api.ai)を紹介します。

まず簡単に「データサイエンスアカデミーって何?」

次世代のデータサイエンティスト人材の育成・輩出を行う会社です。
現在、自社ブログでもデータサイエンスに関するコラムを連載しております。
ご興味がある方は、ぜひご一読ください!
ブログについてはこちら

それでは今回の本題に入っていきましょう。

Dialogflowとは?

Googleがサポートしている自然言語処理系のサービスです。
「今日の天気を教えてください」という質問に対して
「今日は晴れです」と返すチャットボットなどをつくることができます。

Dialogflowで作成したチャットボットなどは、
GoogleHomeなどのハードウェアや、Twitter、スカイプ、
Facebook Messenger、Slackなどのアプリと連携させることが可能であり、
ユーザーとコミュニケーションを図ることができます。

本記事では、登録した内容を返すだけの
簡単な自然言語処理ツールを作成方法を紹介します。

まずは公式サイトに行き登録

公式サイトへ行きます。
https://dialogflow.com/

1.PNG
2.PNG

エージェントの作成

自然言語処理を行うエージェントを作成します。
3.PNG

必要な情報を登録します。

4.PNG

質問内容と関連するキーワードをテキストにまとめる

ユーザーから届く質問はどんなものか、関連するキーワードは何か
メモ帳やノートなどのテキストにまとめます。
想定した質問内容とキーワードは以下の通りです。

質問内容 キーワード
データサイエンスアカデミーとは何か データサイエンスアカデミー
セミナーは何をしているのか セミナー
セミナーの日程は? セミナー

質問内容に関連するキーワードをEntitiesに登録する

Entitiesとは、自然言語を認識するために単語をまとめて置いておく場所です。

5.PNG

「データサイエンスアカデミーとは何か」という質問に対して、
関連するキーワードは何か入力します。
6.PNG

タイトルは、英語名でしか入力できないので気を付けてください。
どんな入力があるかわからないので、1単語につき、英語、カタカナ、かなを入力しておきます。
最後は、SAVEをクリックして保存します。

質問内容をIntentsに登録する

Intentsとは、ユーザーからの質問内容を置いておく場所です。
7.PNG

質問1つにつき、Intentsを用意します。
質問内容を入力し、SAVEをクリックして保存します。
8.PNG

「Action and parameters」に
EntityとIntentsの結びつきが表示されます。
9.PNG

質問への回答を入力し、SAVEをクリックして保存します。
10.PNG

試験

Try it nowに「データサイエンスアカデミーについて教えてください」と入力します。
質問内容に該当した返答が得られれば成功です。
11.PNG

この他にも自社ブログで技術系コラムを連載中!

データサイエンスアカデミーでは自社ブログでも
データサイエンスに関するコラムを連載しております。
ご興味がある方は、ぜひご一読ください!
ブログについてはこちら

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.