起動スクリプト/停止スクリプトをサービス化

1.起動スクリプト/停止スクリプトを作成する。

startHoge.sh
#!/bin/bash
echo start-hoge >> /tmp/hoge.log
stopHoge.sh
#!/bin/bash
echo stop-hoge >> /tmp/hoge.log

ここではサンプルのため「start-hoge」「stop-hoge」がファイルに出力されるものを作成する。

2.実行権限を付与

chmod 777 startHoge.sh
chmod 777 stopHoge.sh

3./etc/systemd/system/xxx.serviceに定義を設定

[Unit]
Description = hoge daemon
After=syslog.target network.target

[Service]
ExecStart = /home/startHoge.sh
ExecStop = /home/stopHoge.sh
Restart = no
Type = simple
User = user

[Install]
WantedBy = multi-user.target

ExecStartに起動スクリプト、ExecStopに停止スクリプトを設定する。

4.確認1

systemctl list-unit-files --type=service | grep xxx.service を実行する。

以下が出力されればサービス登録できている。

xxx.service                      disabled

5.確認2

systemctl start xxx.service
systemctl status xxx.service
systemctl stop xxx.service

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.