Jupyter
Anaconda

Jupyter notebook に仮想環境の Kernel を追加して切り替えて使うための設定

More than 1 year has passed since last update.


前提


  • Anaconda 環境

  • 仮想環境それぞれに jupyter notebook がインストールされている


できるようになること


  • どの環境(root, 仮想環境全て)で Jupyter notebook を起動しても、カーネル選択で他の仮想環境を選択すれば選択した仮想環境上で notobook 上のコードを実行できる


方法


  • コマンドラインで Jupyter notebook にカーネルを追加したい環境を activate

  • 以下のコマンドを実行

python -m ipykernel install --user --name=XXXX --display-name=YYYY

コマンドの説明:


  • anaconda を PC の全ユーザーに対してではなく user インストールした場合 --user を付加


  • --name=XXX


    • XXXX には設定ファイルを保存するディレクトリ名を入れる

    • 既に同一のディレクトリが存在する場合上書きされてしまうので注意

    • 保存先ディレクトリのパスは, 後述




  • --display=name=YYYY


    • jupyter notebook 上で表示するカーネルの名前を入れる




kernelの追加先

Anaconda を user 環境にインストールしている場合のみ記載


  • Mac, Linux


    • ~/user/local/share/jupyter/kernels



  • Windows


    • C:user/ユーザー名/AppData/Roaming/jupyter/kernels



もし上記と違った場合も類推して周辺を探せば見つかるはず