Help us understand the problem. What is going on with this article?

LaravelでVue.jsでプラグインを使ったときのあれこれ

More than 1 year has passed since last update.

Laravelは続くよどこまでも。

未だに要件追加とか改修とか、Laravelで頑張ってる人です。

プラグイン入れたい

検索とか、コンボボックスでいいプラグインだった
SELECT2
使いたいんすってなってインストールした時のメモ。

環境

Mac
Laravel Framework 5.5.32
npm 5.8.0
Vue.js

インストールしてみよう。

とりあえずプロジェクトのディレクトリで
npm install select2
って打ってみる。
すると、
package-lock.json
package.json
にSELECT2が追加されたのが確認できる。

package-lock.json
"select2": {
  "version": "4.0.6-rc.1",
  "resolved": "https://registry.npmjs.org/select2/-/select2-4.0.6-rc.1.tgz",
  "integrity": "sha1-qmwwOKfw8ukf+t448KIcFeGBMnY=",
  "requires": {
    "almond": "0.3.3",
    "jquery-mousewheel": "3.1.13"
  }
},
package.json
"select2": "^4.0.6-rc.1",

上みたいな感じ。
で、ここから組み込んでいくよ。

resources/assets/js/
の中にある組み込みしたいところのファイルに

sample.js
require('select2');

上のようにSELECT2を使ってくださいと書いておきます。
それから
resources/assets/sass/
の組み込みしたいところのファイルのSCSSにも

sample.scss
@import "node_modules/select2/src/scss/core";

とSELECT2の記述を追加します。

で、組み込みたいbladeに

sample.blade.php
<script>
    jQuery(function($){
        $("select").select2();
    });
</script>

スクリプトを書き足す。
で、完了。
だけど、jQueryのバージョンが他のプラグインと喧嘩したりするから私は困った。
読み込み順序って大切だと思い知らされた感。

とりあえず仕組みを理解した

のでよしとする。

ここ最近

好きなアマゾンプライムビデオは内村さまぁ〜ずです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした