Edited at

laravel/valetしてた件

More than 1 year has passed since last update.


頭の中ぐるぐるしてるからまとめよう

Laravel環境で自分の開発環境内で検証ができるようにって言うのをやっていたときのお話です。


とりあえずインストール

composer global require laravel/valet

composerがない場合

brew install composer

で行ける

~/.bash_profile



export PATH=$HOME/.composer/vendor/bin:$PATH

を入れる。

新しいターミナルを開いて

valet install

でパスワードを聞かれる。

インストールしたらプロジェクトのフォルダに移動。

valet park

でフォルダを指定する。

指定したフォルダ(Hogehoge)のなかにFugafugaがあれば

http://Fugafuga.dev

で閲覧ができる。

Httpsで閲覧が必要なら

valet secure

Httpに戻すときは

valet unsecure

.envファイルを環境にあわせて編集

valet restart

で再起動ができる。

valet paths

パスの確認ができる。


必要であれば

Nodeのインストール

brew install node

npm i && npm run watch

MySQLのスタート

brew services start mysql

mysql -u root -p

で必要なDBを作る。

作業してるフォルダで

php artisan migrate --seed

DB立ち上げる。

cp -p .env.example .env

php artisan key:generate

php artisan serve

を忘れたり、、して泣きそうになった。


はふぅ。

laravelなー。

とりあえずメモ。

これはいつまで続くのだろう(白目

ちなみに作業用BGMはエウレカセブンAO