Haskell
archLinux
pacman

pacmanのラッパー兼aurパッケージマネージャーのauraをインストールする


auraとは

pacmanのラッパーであると同時に、AUR用のパッケージマネージャー

aura/README.md at master · aurapm/aura

aura: A secure package manager for Arch Linux and the AUR, written in Haskell.

その他のパッケージマネージャーは下記を参照

AUR ヘルパー - ArchWiki


インストール方法

READMEに従えばインストールできます。


githubから

$ git clone https://aur.archlinux.org/aura-bin.git

$ cd aura-bin
$ makepkg
$ sudo pacman -U <pkg.tarファイル>

例えば

sudo pacman -U aura-bin-1.4.0-1-x86_64.pkg.tar

これで利用できるようになりますが、バージョン1系では文字化けのバクが確認されていて、私も再現しました。

pacman's output is garbled · Issue #519 · aurapm/aura

利用自体に問題があるかは未確認です。

2系では直っていますが、現在は次に説明するhackageからしかインストールできません。


hackageから

(ちなみに私は、haskellは一応インストールしていますが、まったくわかりません。)

Hackageというhaskellのライブラリアーカイブから取得しインストールする方法です。

こちらもREADMEに従えば問題なくインストールできましたが、必要なものがあります。


準備

stackが必要です、

stackは、コンパイラのインストールをしてくれたりパッケージマネージャーの機能をもつhaskell開発の便利ツールみたいです。

Home - The Haskell Tool Stack

事前にstackを使用できる状態にしてください。


auraのインストール

$ git clone https://github.com/aurapm/aura.git

$ cd aura
$ stack install -- aura

これはクローンしてきたpackage.yamlをもとにパッケージをビルドしてくれているのでしょうか。くわしくはわかりません。


使い方


pacmanで使用できるリポジトリのアップデート

$ sudo aura -Syu

pacmanコマンドは同じなんだとおもいます。


AURのアップデート

$ sudo aura -Au

AURを触る場合は-Aを使い、複数のオプションがあります。

くわしくはREADMEを参照