Posted at

WindowsでKotlinの対話型実行環境を使いたい

KotlinにはREPLという対話型実行環境が用意されている。これはPythonのIDLEと同じようなもので、対話形式なコードの実行ができ、短いコードをさくっと実行しテストできるため、Pythonの学習のときに重宝した。今回もKotlinを学習するときにこのREPLを使おうと思ったのだが、Windowsには対応していないことが判明し、悲しくなった。

が、WindowsにはWSLがあったことを思い出した


やりかた


1.WSL Ubuntuをインストール

コントロールパネル -> プログラムと機能 -> Windowsの機能の有効化または無効化

image.png

Windows Subsystem for Linuxにチェックを入れて[ OK ]をクリックし、インストールが終わったら再起動

次に、Microsoft Storeを開き、Ubuntuで検索、入れる。終わり。


2. WSL UbuntuにKotlinをインストール

まずはzipファイルをUbuntuで扱えるようにするために

sudo apt install zip

をする。

次にSDKMANというSDKのパッケージマネージャをインストールする

curl -s https://get.sdkman.io | bash

パスを通さないと動作しないので通してあげる

source "/home/ユーザー名/.sdkman/bin/sdkman-init.sh"

sdk

image.png

こんなのが出てきたらok

いよいよKotlinとJavaをインストールする。

sdk install kotlin

sdk install java


動作させる

kotlinc

image.png

できた。


IntelliJで使えるようにする

おまけてきな。

設定を開き、Tool -> Terminalと進む。

image.png

シェル・パスを

C:\Windows\System32\wsl.exe

にする。

image.png

できた。