Edited at

AtomをArduino開発環境として使う。【PlatformIO導入方法】


はじめに

この記事は私が、AtomにPlatformIOを導入しようと記事を漁った所、日本語記事が少ないことに少し悩まされたので備忘録と、誰かの役に立てばと思い書くことにしました。

私の環境は Windows 10 Pro(64bit) です(Homeでもたぶん問題無し)。Atomは入ってる前提で話します。


導入方法


準備

PlatformIOを入れるための準備をします。

まず、Clangというコンパイラをダウンロードします。これはCやC++向けのコンパイラです。

注意すべき点として、PlatformIOはClang 4.0をサポートしてないので間違えてダウンロードしないようにしてください。

Clang 3.9 (64bit)

Clang 3.9 (32bit)

(直リンクとなってます。)

ダウンロードされたLLVM-3.9.1-win64.exeを実行してください。

[同意する]をクリックして次に進みましょう。

SnapCrab_LLVM セットアップ _2018-12-14_13-26-2_No-00.png

保存先の指定です。特に無ければそのまま[次へ]

SnapCrab_LLVM セットアップ _2018-12-14_13-26-26_No-00.png

セットアップウィザードが開くので[次へ]を押すと選択画面が出てくるので上から二番目の項目にチェックを入れてください。

SnapCrab_LLVM セットアップ_2018-12-14_13-26-15_No-00.png

すると、インストールが始まります。終わるとウィンドウを閉じて大丈夫です。


PlatformIOのインストール

Atomを起動し、[環境設定]から[+インストール]をクリックしてください。

「PlatformIO」と入力し、上から二番目にある「platformio-ide」をインストールします。

![SnapCrab_NoName_2018-12-14_19-48-50_No-00_LI.jpg

このようなポップアップが出ます。全てインストールされるまで待ちましょう。5分ほどかかりました

SnapCrab_NoName_2018-12-14_13-27-55_No-00.png

完了すると右上にこの緑のポップアップが出てきます。[Restart]を押しましょう。

Atomが再起動され、PlatformIOが反映されます。

SnapCrab_NoName_2018-12-14_13-30-54_No-00.png


終わり

これで導入は完了です。最初にも述べたようにこれは、AtomへのPlatformIO導入方法を書いた日本語記事が少なく、少し戸惑うところもあったので書かせていただきました。Qiitaもプログラミングも初心者ですのでどこか間違いがあったらご指摘ください。

最後にPlatformIOのドキュメントを貼っておきます。下手な文章を読んで頂き、ありがとうございました。

PlatformIO-Docs

PlatformIO公式導入方法(英語)