Edison

Edisonのセットアップ Mac編

More than 3 years have passed since last update.

初期設定(ファームウェアの更新まで)のメモ。


作業環境


  • Mac - OS X 10.9.5

  • Intel Edison

  • Intel Edison Board for Arduino

母艦のOSによって作業内容が結構変わってきます。


Edisonの準備

EdisonをIntel Edison Board for Arduinoに取り付ける。

付属しているナットを止めて固定。

足もつけておく。


Linuxイメージの転送

最新版のファームウェアに。


EdisonとPCの接続

先ほどEdisonを取り付けたボードに12V電源を取り付ける。

電源コネクタに近い方のUSBコネクタ(J16)にUSBケーブルを接続。

Edisonがストレージとして認識される。


Edisonの古いイメージを削除

もし、古いイメージが入っていたら...

$ cd /Volumes/Edison

$ rm –rf *
$ rm –rf \.

で、取り除く。


フォーマット

このままではフォーマットがFAT16となっているので、

ディスクユーティリティーでパーティション1にフォーマットMS-DOS(FAT)を設定し、適用する。


イメージファイルの転送

ここからEdison Yocto complete imageをダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを展開する。


中身をまるごとEdisonのストレージに入れる。


Edisonとシリアル通信

電源コネクタに遠い方のUSBコネクタ(J3)にUSBケーブルに差し替える。




Macのターミナルで、screen /dev/tty.usbserialまで入力して[tab]キーを押すとこんな風に補完してくれる。A402IY3Cの部分がデバイスごとに違う。

$ screen /dev/tty.usbserial-A402IY3C

さらに、シリアルポート(115200bps)で接続したいので115200 -Lを追記して...

$ screen /dev/tty.usbserial-A402IY3C 115200 -L

このコマンドを実行すると、Linuxのログインプロンプトが表示されます。

(ログインプロンプトが表示されない場合は、何回か[Enter]キーを押してください)


初期設定では、ユーザーはrootでパスワードは無し。これでログイン出来ます。


Linuxのイメージを更新

ログインした後、

$ reboot ota

を実行する。


再起動するので

configure_edison --setup

これでセットアップできれば、たぶん成功。

セットアップは


  • デバイスの名前

  • パスワード

  • wifi

の順に設定していきます。


wifiの注意点として、アンテナが弱いので複数のPC等が接続されていたり、アクセスポイントと離れていると繋がらない時があります。