人工知能

「人工知能は敵か味方か ジョン・マルコフ」の読み方

人工知能は敵か味方か ジョン・マルコフ, 日経BP社, 2016, ISBN 978-4822251413

の読み方

https://www.amazon.co.jp/dp/4822251411/

ここで抜き書きする用語、人物、技術のどれくらいが分かればよいかの指標を5つ示す。

16個に1つも知らない単語ばかりであれば、単語のことは気にせずに、最後まで読み終わってから、一番興味をもった節をもう一度読むといいかもしれない。

8つに1つを知ろうという意欲があれば、読み進むと面白い事が理解できるかもしれない。

4つに1つが分かれば、話をつないで、全体の構造を理解できるかもしれない。

2つに1つが分かれば、他の人に意見を述べても、必ずしも間違いではない意見が述べられるかもしれない。

すべての用語のWiki項目に追記し、すべての本にamazonで感想が書ければ、解説記事を書いてもいいかもしれない。

今、自分では、2つに1つの段階。解説を書く段階に至っていない。

p.2

パソコン創世「第3の神話」 ジョン・マルコフ, NTT出版, 2007, ISBN 978-4757101951

https://www.amazon.co.jp/dp/4757101953/

ジョン・マッカーシー

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・マッカーシー

人工知能

https://ja.wikipedia.org/wiki/人工知能

ダグラス・エンゲルバート

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダグラス・エンゲルバート

エリック・ホロビッツ(ホロヴィッツ)

AAAI: Association for the Advancement of Artificial Intelligence

https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ人工知能学会

p.3

セバスチャン・サラン

グーグルカープロジェクト

p.4

アンディ・ルービン

トム・グルーパー

p.6

映画 羅生門

IoT

ユビキタスコンピューティング

p7

1984年, ジョージ・オーウェル, ハヤカワ文庫, 1972

https://www.amazon.co.jp//dp/4150400083/

p.8

リチャード・ブローディガン

https://ja.wikipedia.org/wiki/リチャード・ブローティガン

p.9

ムーアの法則

p.10

大暴風(上〉(下), ジョン-バーンズ, ハヤカワ文庫SF, 1996

https://www.amazon.co.jp/dp/4150111685/

https://www.amazon.co.jp/dp/4150111693/

アッチェレランド, ヴェルズ-チャールズ・ストロス, 早川書房, 2009

https://www.amazon.co.jp/dp/4152090030/

p.11

ノーバート・ウィーナー

https://ja.wikipedia.org/wiki/ノーバート・ウィーナー


第1章 人間とマシンの間

p.16

ビル・デュバル

シェイキー

映画:スターウォーズ

C-3PO

R2-D2

p.18

映画:ヤングゼネレーション

p.19

マービン・ミンスキー

p.21

チャーリー・ローゼン

映画:禁断の惑星

NLS (oN-Line System)

ダグラス・エンゲルハート

Memex

バネバー・ブッシュ

p.22

知性の拡張 IA

p.24

ジョン・ドーア

(1) John Markoff, What the Dormouse said: How the Sixties Counterculture Shaped the Personal Computer Industry (New York: Viking, 2005) 282

サイバネティックス

p.25

人間機械論

p.26

モシェ・バルティ

(2) Moshe Y. Vardi, "The consequence of Machine Intelligence." Atlantic October 25, 2012,

http://www.theatlantic.com/technology/archive/2012/10/the-consequences-of-machine-intelligence/264066

バーナー・ビンジ

ポール・サッフォー

p.27

フランク・レビー

リチャード・J・マーネイン

(3) Frank Levy and Richard J. Murnane, "Dancing with Robots: Human skills for Computerized Work",

http://content.thirdway.org/publications/714/Dancing-With-Robots.pdf

デビッド・オーター

2つのコミュニティ

 人工知能

 HCI(Human Computer Interaction)

p.28

リックライダー

映画:スタートレック

(4) J. C. R. Licklider, "Man-Computer Symbiosis" IRE Transactions on Human Factors in Electronics HFE-1 (March 1960) 4-11, http://groups.csail.mit.edu/medg/people/psz/Licklider.html

p.29

サイボーグ

FAQボット

映画 her/世界でひとつの彼女

スカーレット・ジョハンソン

グーグル・ナウ

Siri(Apple)

p.32

スティーブ・ジョブズ

ラリー・ペイジ

アラン・チューリング

チューリングテスト

p.31

ヒュー・ロブナー

ジョゼフ・ワイゼンバウム

p.32

(5)

John Markoff, "Can Machine Think? Humans Match Wits." New York Times, November 9, 1991. http://www.nytimes.com/1991/11/09/us/can-machines-think-humans-match-wits.html

コルタナ(マイクロソフト)

p.33

ジョナサン・グルーディン

(6) Jonathan Grudin, "AI and HCI: Two Fields Divided by a Common Focus." AI Magazine, Winter 2009, http://research.microsoft.com/apps/pubs/default.aspx?id=138574

(7) John McCarthy, book review of B. P. Bloomfield, The Question of Artificial Intelligence: Philosophical and Sociological Perspectives, in Annals of the History of Computing 10, no.3 (1988) 224-229

クイズ番組:ジョパディ

p.34

テリー・ウィノグラード

フーバート・ドライフス

ジョン・サール

p.35

ケビン・ケリー

「テクニウム」 みすず

p.36

(8) Kevin Kelly, Out of Control: The Rise of Neo-Biological Civilization (New York: Perseus, 1994)

33-34


第二章 砂漠を駆け抜ける 自動運転車の誕生と成長

p.38

映画:マッドマックス

p.39

ライダー:レーザ

セバスチャン・サラン

マイク・モンテマーロ

p.40

SLAM(Simultaneous localization and mapping)

https://en.wikipedia.org/wiki/Simultaneous_localization_and_mapping

トニー・テザー

p.43

拡張現実(AR)

ニューロマンサー ウィリアム・ギブス, ハヤカワ文庫SF-早川書房, 1986

https://www.amazon.co.jp/dp/415010672X/

オバマ大統領

BRAINイニシアティブ

人間とコンピュータの共存

p.46

テレビ番組 シンプソンズ

AGI Artificial General Intelligence

長距離対艦ミサイル LRASM

p.47

ジェリーキャプラン

(1) ジェリーキャプラン, スタンフォード大学 確率性AIランチミーティング, 2103 May 6

p.48

映画:ブレード・ランナー

DARPAアーバン・チャレンジ

p.49

(2) Defense Science Board, "The Role of Automnomy in DoD Systems. ", U.S. Department of Defense, July 2012. http://www.acq.osd.mil/dsb/reports/AutonomyReport.pdf

グランドチャレンジ

p.50

スプートニク

ジョージWブッシュ大統領

p.51

PAL perceptive Assistant that Learns

CALCO Cognitive Assistant that Learns and Organizes

ロバート・テイラー

p.52

カーネギーメロン大学

p.53

ウィリアム・L・レッド・ウィタカー

p.54

(3) James R. Hagerty, "A Roboticist's Trip from Mines to the Moon," Wall Street Journal, July 2, 2011 https://www.wsj.com/articles/SB10001424052702304569504576405671616928518

スリーマイル島 ロボット

チェルノブイリ ロボット

アンブラー, 1980

Naviabプロジェクト CMU

p.55

(4) John Markoff, "The Creature that Lives in Pittsburgh." New York Times, April 21, 1991, https://www.nytimes.com/1991/04/21/business/the-creature-that-lives-in-pittsburgh.html

p.56

スティーブ・ジョブズ, Apple

ジョン・スカリー

ラリー・ペイジ google

p.59

Fast-SLAM

p.61

グーグルX研究所

セルゲイ・ブリン

ムーン・ショット

p.63

(5) John Markoff, "Google Cars Drive Themselves, in Traffic, " New York Times, October 9 2010, https://www.nytimes.com/2010/10/10/science/10google.html?pagewanted=all

p.64

エリック・シュミット

p.65

ベロダイン ライダー

p.66

ジェームズ・カフナー

p.68

アニメ:宇宙家族ジェットソンズ

テレビドラマ:ナイト・ライダー

デーモン 上・下, ダニエル・スアレース , 講談社, 2011

https://www.amazon.co.jp/dp/4062770296/

https://www.amazon.co.jp/dp/406277030X/

p.70

NHTSA

ESC 横滑り防止装置

(6) "Electronic Stability Control Systems for Heavy Vehicles," National Highway Traffic Safety Administration, 2012, http://www.nhtsa.gov/Laws+&+Regulations/Electronic+Stability+Control+(ESC)


参考資料 @Qiita

機械学習・深層学習でできること、できないこと。仮説10個。

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/41a567f149f78145fd4c

「人工知能に負けない脳 茂木健一郎」読み方

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/2e4246688f00c8182a1e

「人工知能は私たちを滅ぼすのか 児玉哲彦」読み方

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/cf87b62e9b96523f2aaf

製造業における機械学習

https://qiita.com/kaizen_nagoya/items/fbe846de16f74bea1d6f

ver. 0.01 初稿 p.9 まで 20190119

ver. 0.02 読み方追記 p.11まで 20190121 朝

ver. 0.03 参考資料追記 p.19まで 20190121 午前

ver. 0.04 p.25まで 20190121昼

ver. 0.05 p.32まで 20190121 夕

ver. 0.06 p.70まで 20190121 夜