Edited at

vendor/assetsをAssetPipelineにファイルを追加する方法(初心者向け)

More than 1 year has passed since last update.

たとえばサードパーティのファイルはvendor/assetに設置する。

vendor/assets/imagesに設置されたimage.jpgを読み込みたい場合、

config/assets/initializersに

Rails.application.config.assets.precompile += %w( image.jpg )

と追記する。(コメントに書いてある。)

これでviewで<%= image_tag 'image.jpg' %>などと出来るようになる。

上の行を加えたら必ず新しくrails s。

スマートなやり方として、



Rails.application.config.assets.precompile += %w(*.png *.jpg *.jpeg *.gif)



と指定すると、語尾にjpgなどがつく大体の写真を一度に指定できる。

ちらみに

Rails.application.config.assets.precompile += %w(.png *.jpg *.jpeg *.gif)

Rails.application.config.assets.precompile += %w(
.js *.css)

のように二行で書いても問題ない。(二行で書く意味はない。)

app/assets/javascripts/application.jsなどにrequireするのが簡単にアセットパイプラインに追加する方法。

ただすべてのページでファイルが読み込まれてしまい、アプリが遅くなる。

必要なファイルのみを読み込みたい場合は個々で設定する必要がある。