1. juniskw

    No comment

    juniskw
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,79 +1,82 @@
JavascriptでPOSTしようとするとDjangoのCSRF対策に引っかかり失敗してしまうことがあるのだが、公式ドキュメントにちゃんと対策が書かれている。
http://docs.djangoproject.jp/en/latest/ref/contrib/csrf.html?highlight=csrf#ajax
なお、使い回せるようにコピペしたものをGithubに上げたので使いたい方はどうぞ。
https://github.com/juniskw/django_tools/blob/master/csrf_token_ajax.js
### 例:POSTした文字に「!!!」を付けてアラートするアプリ。
###### surprise.html
```html+django
<head>
<script type="text/javascript" src="{{STATIC_URL}}js/jquery-1.11.0.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="https://raw.githubusercontent.com/juniskw/django_tools/master/csrf_token_ajax.js"></script>
</head>
<body>
<h1>Let's Surprise!</h1>
<form id="surprise_fm" action="surprise/" method="post">
<input id="your_txt" type="text" name="your_txt">
<input id="surprise_btn" type="submit">
</form>
</body>
<script>
$(document).ready(function() {
$('#surprise_fm').submit(function() { // ボタンクリックでAJAX
$.ajax({
'url':$('form#surprise_fm').attr('action'),
'type':'POST',
'data':{
'your_txt':$('#your_txt').val(),
},
'dataType':'json',
'success':function(response){ // 通信が成功したら動く処理で、引数には返ってきたレスポンスが入る
alert(response.your_surprise_txt); // レスポンスからデータを取り出してアラート
},
});
return false;
});
});
</script>
```
###### urls.py
```py
-(r'^surprise/', 'views.for_ajax'),
+#...
+url(r'^surprise/', 'views.for_ajax'),
+#...
+```
+
###### views.py
```py
def for_view(req): # ビューを表示する関数
return render(req,'surprise.html')
def for_ajax(req): # AJAXに答える関数
import json
from django.http import HttpResponse,Http404
if req.method == 'POST':
txt = req.POST['your_txt'] # POSTデータを取得して
surprise_txt = txt + "!!!" # 加工
response = json.dumps({'your_surprise_txt':surprise_txt,}) # JSON形式に直して・・
return HttpResponse(response,mimetype="text/javascript") # 返す。JSONはjavascript扱いなのか・・
else:
raise Http404 # GETリクエストを404扱いにしているが、実際は別にしなくてもいいかも
```
なお、jsを以下のように一部書き変えれば普通に **csrf_token** をフォームに入れるだけでも問題ない。
```js
$.ajax({
// ...
'data':$('form#surprise_fm').serialize(),
// ...
});
```
**serialize** はおそらくform内のinput要素を全て **{name:value,...}** の形にまとめてくれるメソッドだと思われる。Djangoの **csrf_token** はタネを明かせば **hiddenタイプのinput要素** みたいなので、この方法なら通常のフォーム処理と同様に機能することができるのだろう。