1. jqtype

    No comment

    jqtype
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,194 +1,192 @@
# はじめに
-さくらインターネットのレンタルサーバで運用していたWordpressをConoHa VPSへ移行する。移行先のConoHa VPSでは、Wordpressをdockerコンテナ化して動作させる。前提条件として、dockerによる`nginx-proxy`と`letsencrypt-companion`が動いているものとし、ドメインごと引っ越しさせることとする。`nginx-proxy`と`letsencrypt-companion`の設定については、以下の関連記事を参考のこと。
+さくらインターネットのレンタルサーバで運用していたWordpressをConoHa VPSへ移行する。移行先のConoHa VPSでは、Wordpressをdockerコンテナ化して動作させる。前提条件として、dockerによる`jwilder/nginx-proxy`と`jrcs/letsencrypt-nginx-proxy-companion`が動いているものとし、ドメインごと引っ越しさせることとする。`nginx-proxy`と`letsencrypt-nginx-proxy-companion`の設定については、以下の関連記事を参考のこと。
-関連:
-- [ConoHa VPSへMastodonインスタンスを引っ越しメモ](https://qiita.com/jqtype/items/09eaa2e76d1ecba3543a)
-- [ConoHa VPS (ubuntu 16.04) 初期設定メモ](https://qiita.com/jqtype/items/e394fb9e027892e9a2a4)
-
+関連: [ConoHa VPSへMastodonインスタンスを引っ越しメモ](https://qiita.com/jqtype/items/09eaa2e76d1ecba3543a)
-想定する構成は、上記Mastodonインスタンスと同様に以下の構成。
+想定する構成は、上記Mastodonインスタンスと同様に以下の構成。
```
nginx-proxy <--(front bridge)--> nginx <--(wordpress用back bridge)--> wordpress
```
# 移行元およびレジストラでの作業
まずは移行元(さくらインターネット レンタルサーバ)でデータのエクスポートと、ドメインごと引っ越しさせるDNS設定をいじる。
## データのエクスポート@移行元
移行元でエクスポートするのは、`wp-content`およびMySQLのdumpとなる。
```
# wp-contentのエクスポート
$ tar zcvf ~/wp-content.tar.gz <path_to_wordpress_dir>/wp-content
# MySQLのバックアップ@移行元
$ mysqldump --default-character-set=utf8 -h mysql***.db.sakura.ne.jp -u <your_mysql_id> -p<your_mysql_password> <your_db_name > ~/wordpress_mysql.sql
```
## Aレコードの編集@移行元
Aレコードを移行先のVPSのIPアドレスに変えよう。MXレコードとかを`@`で設定してると整合性が取れなくなるから注意。変更したらしばらく放っておく。
# Wordpressの立ち上げ
Wordpressを立ち上げるのは非常に簡単。`~/apps/wordpress/docker-compose.yml`および`~/apps/wordpress/setting/nginx/conf.d/default.conf`を以下のように作成。
```~/apps/wordpress/docker-compose.yml
version: '2'
services:
nginx:
image: nginx:alpine
container_name: wordpress-nginx
ports:
- "20092:20092" # ポートは適当に変えてOK
restart: always
tty: false
environment:
- "VIRTUAL_HOST=<your_domain>"
- "VIRTUAL_PORT=20092"
- "LETSENCRYPT_HOST=<your_domain>"
- "LETSENCRYPT_EMAIL=<your_email>"
- "LETSENCRYPT_TEST=false"
links:
- wordpress
volumes:
- ./setting/nginx/conf.d:/etc/nginx/conf.d:ro
volumes_from:
- container:proxy-nginx # proxy-nginxをマウントするのはletsencryptの証明書を使うため。別記事を参照のこと。
networks:
- front
- back-wordpress
wordpress:
image: wordpress:latest
hostname: <your_domain>
restart: always
container_name: wordpress
ports:
- "8080:80" # 8080の方は書いてるけど意味がない。Wordpressコンテナの80番をExposeすればいい。
links:
- mysql
volumes:
- ./data/wp-content:/var/www/html/wp-content
environment:
- "WORDPRESS_DB_NAME=<your_db_name>" # DB名、DB_USER名、DB_PASSWORDは移行前と異なってOK
- "WORDPRESS_DB_USER=<your_db_user>"
- "WORDPRESS_DB_PASSWORD=<your_db_password>"
networks:
- back-wordpress
mysql:
image: mysql:5.7
restart: always
container_name: wordpress-mysql
volumes:
- ./data/mysql:/var/lib/mysql
environment:
- "MYSQL_ROOT_PASSWORD=<your_db_root_passoword>"
- "MYSQL_DATABASE=<your_db_name>"
- "MYSQL_USER=<your_db_user>"
- "MYSQL_PASSWORD=<your_db_password>"
networks:
- back-wordpress
networks:
front:
external: true
back-wordpress:
external: true
```
```~/apps/wordpress/setting/nginx/conf.d/default.conf
map $http_upgrade $connection_upgrade {
default upgrade;
'' close;
}
server {
listen 20092; # docker-compose.ymlの方と合わせておく
server_name <your_domain>;
ssl_protocols TLSv1.2;
ssl_ciphers EECDH+AESGCM:EECDH+AES;
ssl_ecdh_curve prime256v1;
ssl_prefer_server_ciphers on;
ssl_session_cache shared:SSL:10m;
# 以下3行なしで一旦動作させて、letsencryptの鍵を取得後にnginxを再起動した方が、
# 「鍵がないぞ!」と怒られてスタックするようなことがないのはバッドノウハウとして付け加えておく。
ssl_certificate /etc/nginx/certs/<your_domain>/fullchain.pem;
ssl_certificate_key /etc/nginx/certs/<your_domain>/key.pem;
ssl_dhparam /etc/nginx/certs/dhparam.pem;
keepalive_timeout 70;
sendfile on;
client_max_body_size 0;
gzip on;
gzip_disable "msie6";
gzip_vary on;
gzip_proxied any;
gzip_comp_level 6;
gzip_buffers 16 8k;
gzip_http_version 1.1;
gzip_types text/plain text/css application/json application/javascript text/xml application/xml application/xml+rss text/javascript;
add_header Strict-Transport-Security "max-age=31536000";
set_real_ip_from 10.10.0.0/16; # nginx-proxyのinternalなアドレス空間を指定。
real_ip_header X-Forwarded-For;
location / {
try_files $uri @proxy;
}
location @proxy {
proxy_set_header Host $host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
proxy_set_header X-Forwarded-Proto https;
proxy_set_header Proxy "";
proxy_pass_header Server;
proxy_pass http://wordpress:80;
proxy_buffering off;
proxy_redirect off;
proxy_http_version 1.1;
proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
proxy_set_header Connection $connection_upgrade;
tcp_nodelay on;
}
error_page 500 501 502 503 504 /500.html;
}
```
ブリッジを作成して、wordpressを立ち上げる。
```
$ docker network create --driver bridge back-wordpress
$ cd ~/apps/wordpress
$ docker-compose up -d
```
Wordpressが立ち上がったらブラウザでアクセスしてみて、`install.php`経由でインストールまで終わらせておこう。
# データのインポート
wp-contentのコピー・展開、mysqlのダンプファイルのインポートを行う。
```
# wp-contentのコピー・展開
$ docker cp wp-content.tar.gz wordpress:/var/www/html
$ docker exec wordpress tar zxvf wp-content.tar.gz
$ docker exec wordpress /bin/bash -c "chown www-data:www-data -R /var/www/html/wp-content"
# wp-contentのパーミッション変更 (cacheはないことも)
$ docker exec wordpress /bin/bash -c "chmod 777 -R /var/www/html/wp-content/cache && chmod 777 -R /var/www/html/wp-content/uploads"
# mysqlのダンプファイルインポート
$ docker cp wordpress_mysql.sql mysql:/tmp/
// インポート
# docker exec mysql /bin/bash -c "mysql --default-character-set=utf8 -h mysql -u <your_db_user> -p<your_db_password> <your_db_name> < /tmp/wordpress_mysql.sql"
```
これで完了!