Linux
Linuxコマンド

Linux 基本コマンド(オプション付き)


はじめに

Linuxの標準コマンドを備忘録としてまとめておきます。


ファイルの操作コマンド(ls,cp,mv,rm)


ls(LiSt)

ファイルやディレクトリの参照。*と?をワイルドカードとして使うこともできる。


オプション

-a

.で始まる隠しファイルも全て出力する(all)

-l

長形式(long)で出力する

-t

最終更新時間(time)も出力する

-r

逆順(reverse)で出力する

ワイルドカードを用いて特定のファイル表示

$ ls *.png

$ ls ???.png

*は任意の文字列を表すので、.pngを全て出力する

文字数が特定できている場合は?で数を指定する


cp(CoPy)

ファイルを複製したり、その複製したファイルの名前を指定することができる。


オプション

-i

処理を行う時に確認する。謝ってコピーしないように用いる。

-r

ディレクトリをコピーする。cpは基本的にファイルのみだが-rを用いることでディレクトリ内のすべてのファイル、ディレクトリがコピーできる。

-p

元ファイルの情報(更新日時、所有者など)を保持したままコピーできる。

$ cp exam test

examがファイル名、testがファイル名でない→examのコピーとしてtestが生成される。

examがファイル名、testがディレクトリ名→test下にexamがコピーされる。

examがファイル名、testが存在するファイル名→testはexamにコピーされる。


mv(MoVe)

ファイルを移動したり、ファイル名を書き換えることができる。


オプション

-i

同上。確認を行う。

-f

一部の確認がある操作の場合も強制的に実行する。

$ mv exam test

examがファイルまたはディレクトリ、testがディレクトリ→examがtest内に移動

examがファイルまたはディレクトリ、testが存在しない→examがtestに名前変更


rm(ReMove)

ファイルを削除する。


オプション

-i

同上。確認する。

-f

同上。強制的に実行する。

-r

ディレクトリを対象にし、その中のファイルも削除される。


ディレクトリの操作コマンド(pwd,cd,mkdir,rmdir)


pwd(Print Working Directory)

ディレクトリの階層構造のなかで現在どの位置にいるか表示する。


cd(Change Directory)

現在いるディレクトリを変更することができる。


mkdir

ディレクトリを作成する。


オプション

-p

指定されたディレクトリの上位ディレクトリも作成する。

$ mkdir -p dir1/dir2/dir3


$ mkdir dir1
$ mkdir dir1/dir2
$ mkdir dir1/dir2/dir3


rmdir

ディレクトリを削除する。


オプション

-p

オプションをつけない場合は最下層のディレクトリのみ削除になるが-pをつけた場合は指定した階層までのディレクトリを一括で削除する。

⚠︎rmdirは中が空の場合だけディレクトリを削除できる。

ファイルが存在する場合はrm -rを用いる。