1. jonathanh

    No comment

    jonathanh
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -65,11 +65,11 @@
- 勉強会、セミナー、本など自由にお金を使ってもらう。
- ただし、人付き合いが悪い人が多い(笑)ので、チームが交流する仕組みは必要。昼ご飯とか毎週Pizza の日とか。
- **非ソフトウェア脳の人とソフトウェア脳の人の間をとりもつ**
- 会社のトップのソフトウェア脳教育を根気よく続ける。会社のトップが非エンジニアの場合(ほとんどの場合はそうだが)、トップこそ最大の抵抗勢力です。外から高額で雇ったスーパーエンジニアで会社をソフトウェア企業化する使命を持った人の多くはトップと揉めて短期で辞めます。トップを洗脳するしかありません。
- とはいえ、非ソフトウェアの現場やいわゆるドメインの理解はエンジニアチームに必須です。現場で仕事を動かしている人とのディスカッションの機会を作る必要があります。はじめは考え方が違うので対立しますが、現場と隔離しすぎると上手くいきません。
- - 愚かなルールに対して治外法権を敷く。企業には、優秀なエンジニアをげんなりさせる諸々の愚かなルールが存在します。外部メールチェック、業務中のSNS 禁止、ソフトウェアダウンロード禁止、提携の報告、上司の評価中心の人事評価体系、人の管理を中心とした昇給システム、etc.。大企業では必要ですが、少人数の優秀なエンジニア集団には不要です。
+ - 愚かなルールに対して治外法権を敷く。企業には、優秀なエンジニアをげんなりさせる諸々の愚かなルールが存在します。外部メールチェック、業務中のSNS 禁止、ソフトウェアダウンロード禁止、定型の報告、上司の評価中心の人事評価体系、人の管理を中心とした昇給システム、etc.。大企業では必要ですが、少人数の優秀なエンジニア集団には不要です。
#ふと疑問「最初の数名の超優秀なエンジニア」はどこで見つけてくるの?
ええと。運とか熱意ですかね。