Help us understand the problem. What is going on with this article?

uGUIでWipeEffectを動かす

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

ワイプエフェクトが欲しかったので、サンプルを作りました。
uGUIなので、簡単にUIとの前後関係をSortOrderで制御できます。

今回のコードを下記に置きました。
https://github.com/jnhtt/uGUI-Wipe

こんな感じになります。
ForwardとBackのUIは、それぞれ別CanvasになっていてCanvas.sortingOrderの値でWipeの前後に表示されていることが確認できます。
uGUI-Wipe.gif

概要

作りは簡単です。画面全体を覆うImageに対してWipeを行うシェーダーを設定したMaterialを使うだけです。
このシェーダーに対してターゲットにしたい位置とWipeの半径を渡すことで実現できます。

C#からシェーダーにパラメーターを渡す

ワールド座標の位置をスクリーン座標に変換してシェーダーにパラメーターを渡します。

WipeEffect.cs
    public void UpdateMaterial()
    {
        if (wipeCamera != null && wipeMaterial != null) {
            Vector3 screenPos = wipeCamera.WorldToScreenPoint(target.transform.position);

            float r = Screen.height * Radius;
            wipeMaterial.SetFloat("_CenterX", screenPos.x);
            wipeMaterial.SetFloat("_CenterY", screenPos.y);
            wipeMaterial.SetFloat("_Radius", r);
        }
    }

Wipeシェーダー

fragmentシェーダーにワイプの処理が入っています。
まず、テクスチャ座標のX[0, 1]とY[0, 1]をスクリーン座標のX[0, _ScreenParams.x], Y[0, _ScreenParams.y]に変換します。
_ScreenParamsは定義済みパラメーターです。ここで確認できます。
それから、スクリーン座標での位置を計算した点を中心にした円の中身をdiscardでくり抜きます。

Wipe.shader
sampler2D _MainTex;
float _CenterX;
float _CenterY;
float _Radius;

fixed4 frag(v2f IN) : SV_Target
{
    fixed2 pos = IN.texcoord.xy * _ScreenParams.xy;
    if (distance(pos, fixed2(_CenterX, _CenterY)) < _Radius)
    {
        discard;
    }
    return tex2D(_MainTex, IN.texcoord) * _Color;
}

さいごに

uGUIを使ってWipeを行うことができたと思います。
uGUIの画面全体を覆う演出はよく使うと思うので、簡単に作れると嬉しいですね。

タップエフェクトをuGUIで実現する方法もあるので、興味があればどうぞ。
uGUIとParticleSystemでタップエフェクトを作る

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした