Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unityで見下ろしカメラをドラッグで動かす

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

地面を見下ろすカメラで地面(y=0のxz平面)をドラッグすることでカメラを動かしたいので、サンプルを作りました。
スマホだとスワイプで動くはずです。

今回のコードを下記に置きました。
https://github.com/jnhtt/LookingDownCameraOperation

こんな感じです。
ドラッグ開始がCubeの上だと動かないようにしています。
LookDown.gif

環境

  • MacBook Pro(15-inch, 2017)
  • Unity 2018.2.2f1

概要

画面をドラッグしてカメラを動かします。
処理の流れとしては下記の通り。

  1. クリックした位置にObjectレイヤーのGameObjectがあると、2以降の処理を行わない
  2. マウスの位置からRayを飛ばして、XZ平面(y=0)との交点を求める
  3. 交点から-Camera.transform.forward方向のRayを飛ばし、XZ平面(y=カメラ高さ)との交点を求める
  4. 2.で求めた交点を点Tとして保持する
  5. ドラッグ中に1と2を計算し、2の交点と点Tの差分Dを計算する
  6. カメラ位置から差分Dを引いて新しいカメラ位置とする

1はUnityでListにした座標を辿るのオブジェクトの選択と同じような処理です。

2から6をIBeginDragIDragに分けて説明します。

イベント 上記の番号
IBeginDrag 2,3,4
IDrag 5,6

IBeginDragでの処理

マウス位置からRayを打ち込むXZ平面(y=0)をinteractPlane
interactPlaneからカメラ正面の逆方向のRayを打ち込むXZ平面(y=カメラ高さ)をcameraMovablePlane
とします。

Rayを打ち込む平面/カメラが動ける平面
    private Plane interactPlane;
    private Plane cameraMovablePlane;

TryGetCameraPositionOnCameraMovablePlaneは、上記2と3を計算してcameraMovablePlane上の交点を求めます。
その交点をドラッグ開始時の情報として保持します。

OnBeginDrag
    public override void OnBeginDrag(InputData inputData)
    {
        if (!canOperate) {
            return;
        }

        base.OnBeginDrag(inputData);
        cameraMovablePlane.distance = CameraManager.Instance.Camera.transform.position.y;
        Vector3 camPos = Vector3.zero;
        if (TryGetCameraPositionOnCameraMovablePlane(inputData.screenPosition, out camPos)) {
            inputData.previousCameraPosition = camPos;
        }
    }

IDragでの処理

ドラッグ中のcameraMovablePlane上の交点とドラッグ開始時の交点の差分をCamera位置から引いたものを新しいCamera位置とすると上図のような挙動になります。

OnDrag
    public override void OnDrag(InputData inputData)
    {
        if (!canOperate) {
            return;
        }

        base.OnDrag(inputData);
        Vector3 camPos = Vector3.zero;
        if (TryGetCameraPositionOnCameraMovablePlane(inputData.screenPosition, out camPos)) {
            Vector3 diff = camPos - inputData.previousCameraPosition;
            Vector3 pos = CameraManager.Instance.Camera.transform.position - diff;
            CameraManager.Instance.ReservePosition(pos);
        }
    }

OnBeginDrag/OnDrag/OnEndDragの実装についての補足

上記に示したコードでOnDrag(InputData inputData)となっているのは、IDragHandlerの実装の中身をLookingDownCameraOperationというクラスで実装しているためです。

ControllerPanel.cs
public class ControllerPanel
    : ...
    , IBeginDragHandler, IDragHandler, IEndDragHandler
{
    ...
    private IInputOperation inputOperation;
    ...
    public void OnDrag(PointerEventData pointerEventData)
    {
        if (inputOperation != null) {
            inputData.screenPosition = pointerEventData.position;
            inputOperation.OnDrag(inputData);
        }
    }
}

使いそうなInterfaceを定義しておいて、

public interface IInputOperation
{
    void OnPointerDown(InputData inputData);
    void OnPointerUp(InputData inputData);
    void OnPointerExit(InputData inputData);
    void OnBeginDrag(InputData inputData);
    void OnDrag(InputData inputData);
    void OnEndDrag(InputData inputData);
}

OnPointerDown/OnPointerUpやOnBeginDrag/OnDrag/OnEndDragのセットで実装がないと動かないものを空実装で揃えて、

public class BaseInputOperation : IInputOperation
{
    public virtual void OnPointerDown(InputData inputData) {}
    public virtual void OnPointerUp(InputData inputData) {}
    public virtual void OnPointerExit(InputData inputData) {}
    public virtual void OnBeginDrag(InputData inputData) {}
    public virtual void OnDrag(InputData inputData) {}
    public virtual void OnEndDrag(InputData inputData) {}
}
public class LookingDownCameraOperation : BaseInputOperation
{
    public override void OnDrag(InputData inputData)
    {
        ...
        //IDragでの処理で示したコード
        ...
    }
}

イベントの実行順番

今回のサンプル時確認した実行順番です。
OnPointerDownでオブジェクトを判別して処理を分岐するのが良い?

  1. OnPointerDown
  2. OnBeginDrag
  3. OnDrag
  4. OnPointerUp
  5. OnExitDrag
  6. OnExit

おわりに

Unityで見下ろしカメラをドラッグで動かす処理を実装してみました。
今回はカメラを動かしました。
別の方法として、カメラを動かさずに3Dのルートオブジェクトを作って、そのルートオブジェクトを動かすことで実現する方法もあります。

IInputOperation inputOperationに関しては、Zenjectを使ってもいいのかもしれません。正しく使えるかはわかりませんが。
ピンチイン/ピンチアウトは、Input.touchCountが2になった時にIInputOperationを切り替えることで実現してみようと思います。

jnhtt
簡単なゲームを作ってます。 https://smartphone-games.net/
https://smartphone-games.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした