電気自動車

電気自動車の走行中給電に関して

More than 1 year has passed since last update.

電気自動車

 現在の日本の道路でも少しづつ見ることが多くなったEV(電気自動車)
 電気自動車は、ガソリンなどの化石燃料を使用しないエコカーとして、注目を浴びているが、エネルギーの供給方法にまだまだ問題がある
img_9da62f5b32e8d4adb0cd46a8b8b9685d156621.jpg

走行中給電

東京大学が走行中給電の技術開発に成功
走行中給電とは、電車のように、走っている車両に電気を供給する仕組みのこと
EVでは高速道路などにコイルを敷設し、この上を車両が通過するときにワイヤレスで給電する。

unnamed-1.jpg

費用に関して

現在の電気自動車で東京-大阪間(約500キロ)をノンストップするには、約二倍のバッテリーが必要となるが、走行中給電の技術を使用することで、現在の半分程度のバッテリーでいけるようになる。

インフラの構築に関しても、東京-大阪間の高速道路で上下の各1車線に設置すると1千億円かかる模様。