Help us understand the problem. What is going on with this article?

RabbitMQ3.3.xでweb管理ツールにログインできないときの対処法

More than 5 years have passed since last update.

久しぶりにRabbitMQを触ってみたら、バージョンが3.3.1になっていました。
私は2.x系までしか触っていなかったのでいくつか違いに躓きました。
忘れないようにメモしておきます。

1. web管理ツールにguestでログインできない

これ嘘です。
同サーバ内(localhost)からだったらアクセスできます。
別サーバにRabbitMQたててweb管理ツールにguest/guestでアクセスすると認証エラーが発生します。

rabbit_login.png

Breaking things with RabbitMQ 3.3"guest" user can only connect via localhostに書いてありました。

RabbitMQ3.3.0からguestユーザでのアクセスはlocalhostからに限られるようになったそうです。

なので、別のユーザを作ってあげれば良いわけです。

# ユーザを作成
rabbitmqctl -n <node> add_user <ユーザ名> <パスワード>
# rabbitmqctl -n bunny@dev2 add_user admin admin で作りました。
# パーミッションを設定
rabbitmqctl -n <node> set_permissions <ユーザ名> <conf> <write> <read>
# rabbitmqctl -n bunny@dev2 set_permissions admin ".*" ".*" ".*" で作りました。
# ロールを設定
rabbitmqctl -n <node> set_user_tags <ユーザ名> <role>
# rabbitmqctl -n bunny@dev2 set_user_tags admin administrator で作りました。

これでadminユーザでログインできるようになります。

rabbit_ov.png

2. web管理ツールのポートがかわった

ポートも変わっていました。

3.3.0以前はhttp://server:55672/でアクセスしていたのですが、15672に変更になっていました。

これからは
http://server:15672/
です。

3. 正しいUTF-8以外のバイトコードをうけつけなくなった

これも、Breaking things with RabbitMQ 3.3が元ネタです。

UTF-8として正しくないバイトコードメッセージはdropすると・・・つまり破棄しちゃうってことですよね。おそろしいΣ( ̄□ ̄; )

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away