Edited at

Travis CIでDeployGateにapkをアップロードする

More than 5 years have passed since last update.


概要

Travis CIでビルドが成功した時にDeployGateにapkをアップロードする方法です。


DeployGateのトークンを環境変数に書いておく

TravisCI - Travis CIでsecret valueを扱う - Qiita

% travis encrypt DEPLOYGATE_TOKEN=...

といった感じに環境変数 DEPLOYGATE_TOKEN の値を暗号化します。

さきほどのコマンドで生成した暗号化された環境変数を .travis.yml に追加します。


travis.yml

env:

global:
- secure: XXXX


.travis.yml に書く

after_success に書きます。


.travis.yml

after_success:                                                                                                                                                                    

- if [ "${TRAVIS_BRANCH}" = "develop" -a "${TRAVIS_PULL_REQUEST}" = "false" ]; then curl -F "file=@${TRAVIS_BUILD_DIR}/build/apk/project-debug-unaligned.apk" -F "token=${DEPLOYGATE_TOKEN}" https://deploygate.com/api/users/name/apps ;fi

上記の例ではテスト対象のブランチがdevelopかつPull Requestのテストでない時のみDeployGateにアップロードしています。

アップロードするapkはプロジェクト名やbuild typesによって異なるので project-debug-unaligned.apk を変更してください。

"file=@${TRAVIS_BUILD_DIR}/build/apk/project-debug-unaligned.apk"

また、アップロードするかどうかを判定するブランチ名も適宜変更してください。

"${TRAVIS_BRANCH}" = "develop"

お好みでAPIドキュメントを見てメッセージなどをつけてみるのもよさそうです。