search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

【AWS認定クラウドプラクティショナー資格】④ー3 コンピューティングサービス「Auto Scaling」

はじめに

今回は、「Auto Scaling」というサービスの概要についてです。

ELBは、AZやEC2に何らかの障害が発生した場合、ユーザーからのアクセスを受け付けることができるシステムです。

ELBを使用することで、同じ構成を持った2つのEC2インスタンスを別々のAZに配置することができます。

ELBは、二つのEC2インスタンスにユーザーからのリクエストトラフィックを分散してくれます。

これで、高可用性、対障害性を向上することができるのです。

ELBの特徴について紹介していきます。

項目

1.Auto Scalingの概要
2.垂直スケーリングと水平スケーリング

『AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー』 の第5章に相当

1.Auto Scalingの概要

Auto Scalingは、アプリケーションの負荷を処理するために適切な数のEC2インスタンスを利用できるように準備することができます。

これにより、どの時点でEC2インスタンスがいくつ必要かを予測する必要がなくなります。

利用量が多い時と、利用が少ない時で柔軟に対応できるというわけですね。

各Auto Scalingグループ内のインスタンスの最小数を指定することができ、Auto Scaling のグループは指定したインスタンス数よりも少ない台数になることはありません。

また、各 Auto Scalingグループ内のインスタンスの最大数を指定することができ、Auto Scaling のグループは指定したインスタンス数よりも多い台数になることはありません。

さらに、希望する容量を指定した場合、Auto Scaling によって、Auto Scaling グループのインスタンス数はこの数に設定されます。

スケーリングポリシーを指定する場合、Auto Scaling でアプリケーションに対する需要のインスタンス台数増減に応じて、インスタンスを起動または終了できます。

インスタンス数の調整ができると、ムダなコストを削減することができます。

また、利用状況によってインスタンス数を自動で調整してくれるので、手動による作業をしなくても済みます。

必要なタイミングで必要なインスタンス数を柔軟に用意できるところがポイントです。

2.垂直スケーリングと水平スケーリング

Auto Scalingのように数の増減でスケーリングすることを水平スケーリングと言います。

また、インスタンスそのものの性能を変更してスケーリングすることを垂直スケーリングと言います。

垂直スケーリングでは、インスタンスのサイズを変更することによってスケールアップやスケールインを行います。

この場合、システムの設計変更が発生します。

サイズ変更による影響がないかどうかの検証が必要になりますし、変更時にはサーバー単位での停止も発生します。

上限は、インスタンスタイプの最大サイズに限定されます。

水平スケーリングでは、インスタンス数を変更することによって、スケールアウトやスケールインを行います。

水平スケーリングすることを前提としてシステムを設計するので、設計の変更はありません。

そのため、変更時にはシステム全体への影響はありません。上限の理論値は無限です。

事実上、垂直スケーリングよりも、水平スケーリングの方がスケーラビリティを確保しやすいです。

[スケールアウト]
スケーリングポリシーに基づいて Auto Scalingグループのインスタンス数を自動的に拡大します。

スケジュールで計画を設定し、特定の時間で Auto Scaling グループのインスタンス数を拡大します。

[スケールイン]
Auto Scalingグループで直接スケールインして EC2 インスタンスをグループからデタッチして、インスタンスを終了します。

スケーリングポリシーの内容に基づいてグループのインスタンス数を自動的に縮小します。

参考書籍

※ 『AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー』

Amazonはこちら

楽天はこちら

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0