Git
is_mgmt_dept

developブランチクローンからfeatureブランチ作成まで

ターミナル
$ git clone -b develop {URL}        # クローンしたいリポジトリのURL
$ cd {clonerepo}                    # クローンしたリポジトリに移動
$ git checkout -b feature-XXX       # カレントブランチからfeatureブランチを作成して切り替え
$ git push origin feature-XXX       # featureブランチをリモートリポジトリへpush
$ git checkout develop              # developブランチに切り替え
$ git pull                          # developブランチを最新に更新
$ git checkout feature-XXX          # featureブランチに切り替え
$ git merge develop                 # featureブランチにdevelopブランチをマージ
$ git push origin feature-XXX       # featureブランチをリモートリポジトリへpush

releaseブランチへのマージ

ターミナル
$ git checkout develop                  # developブランチに切り替え
$ git pull                              # developブランチの最新化
$ git checkout release                  # releaseブランチに切り替え
$ git pull                              # releaseブランチの最新化
$ git merge --no-ff --no-commit develop # developブランチをreleaseブランチにマージ
$ git commit -m "merge develop"        # releaseブランチのコミット
$ git push origin release               # releaseブランチのpush

masterブランチへのマージからタグ作成まで

ターミナル
$ git checkout release                  # releaseブランチに切り替え
$ git pull                              # releaseブランチの最新化
$ git checkout master                   # masterブランチに切り替え
$ git pull                              # masterブランチの最新化
$ git merge --no-ff --no-commit release # releaseブランチをmasterブランチにマージ
$ git commit -m "v1.0.0 release"         # masterブランチのコミット
$ git push origin master                # masterブランチのpush

$ git tag -a v1.0.0 -m "tag v1.0.0"     # タグを切る
$ git push origin v1.0.0                # タグのpush

参考

現在チェックアウトしているブランチ確認

$ git branch -a
結果
  a
  develop
  feature
* feature-kaXXX
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/develop
  remotes/origin/feature-goXXX
  remotes/origin/feature-kaXXX
  remotes/origin/master

ローカルの変更を全て破棄してリモートに合わせたい

$ git fetch origin
$ git reset --hard origin/{branch name}