【BluePrism】キューデータの詳細を確認する

キューデータにはコレクションデータをセットすることができます。

ただ、BPのコントロールルームではそのコレクションの中身まで確認することはできません。

image.png

過去のプロジェクトで、キューデータのエビデンスを残す必要があったので、

直接DBのテーブルを参照し、レコードをExcelに貼ってました。

キューデータが格納されているのは、BPAWorkQueueItemというテーブルです。

BPAWorkQueueテーブルのid

BPAWorkQueueItemテーブルのqueueidでJoinして

どのキューのデータなのかが分かる形にしても良いでしょう。

コレクションデータが格納されているのは、BPAWorkQueueItemテーブルのdataカラムです。

以下のように格納されているのが分かります。

<collection>

<row>
<field name="Path" type="text" value="C:\Users\XXXX\XXXX\XXXX\XXXX" />
<field name="Folder" type="text" value="C:\Users\XXXX\XXXX\XXXX\XXXX" />
<field name="Name" type="text" value="XXXX" />
<field name="Extension" type="text" value=".xlsm" />
<field name="Created" type="datetime" value="2019-04-10 04:48:52Z" />
<field name="Last Accessed" type="datetime" value="2019-04-17 15:05:12Z" />
<field name="Last Written" type="datetime" value="2019-04-17 15:05:12Z" />
<field name="Read Only" type="flag" value="False" />
<field name="Bytes" type="number" value="XXXX" />
</row>
</collection>

ちなみにデータ整形はよく↓を使ってます。

※個人情報等が含まれるデータの場合は別ツールで整形してます。

HTML整形ツール(プチ・デバッグ機能付き) - Pika's Home