【BluePrism】オブジェクトからプロセスに例外をエスカレーションするデバッグのコツ


概要

オブジェクトの例外を親プロセスにエスカレーションするデバッグを実行したい場合の方法です。

ちょっとコツがあります。


方法

親プロセスの任意のステージにてSet Next Stageして、ステップインでオブジェクトの中に入ります。

image.png

ここがコツです。

オブジェクト内の例外ステージの直前にSet Next Stageします。

image.png

例外ステージの中身はこんな感じです。

例外詳細として「検索結果画面表示エラー」を返すようにしています。

image.png

親プロセスに戻って、復元ステージにブレークポイントを張っておきます。

そしてGoボタンをクリック。

すると、ブレークポイントを張っていた復元ステージに遷移します。

image.png

オブジェクトからエスカレーションされた例外の詳細は、ExceptionDetail()で取得できます。

image.png

オブジェクト側からエスカレーションされた例外の詳細内容↓

image.png