Help us understand the problem. What is going on with this article?

Moodle 3.8 マニュアル - サーチエンジン最適化

原文

サーチエンジン最適化

このページはアップデートが必要です。そうしてそれが終了したらこのテンプレートを削除してください。

サーチエンジン最適化(SEO)は限定的ですがサーチエンジンの可視性と順位を向上させるためにはいくつかのステップがあります。

  • サイト管理 > セキュリティ > サイトセキュリティ設定 で「Googleに公開する」を有効にする

  • きれいで明白なシンプルなサイト名をつける。例えば、[組織名]E-Learning のように。

  • サイトの記述を設定する(メタデータとして多くのテーマにおいて使用されます)

  • コースの記述を設定する(フロントページにコースのリンクも設定する。そうでなければ記述はクロールされません。)

SEO にはその他の要因、コンテンツの量、ウェブサイトの通信量や信頼性が作用しています。要するに、多くの関連のある内容と通信量です。

Moodle の設定

サイトセキュリティ設定において「Googleに公開する」設定を 'Yes' にすると Google があなたのサイトにゲストで入れるようになります。加えて、Google サーチを通じてあなたのサイトに来た人々は自動的にゲストログインされます。しかしながら、人びとはコンテンツをあなたのサイトを訪れることなく Google のサイトから読むことができるのみです。

Google があなたのウェブサイトのとなりに表示するテキストはメタ記述のタグとなります。あなたはこの情報を Moodle の 管理 > サイト設定の領域において埋めることができます。

他のサイトから/へのリンク

SEO に主に貢献するのはリンクづけです。評判のよいサイトにリンクすることであなたの順位は上がりますがもっと重要なことに、他のサイトがあなたにリンクすることであなたの順位は上がります。

他のサイトがあなたへリンクすることは大変重要ですが Google は賢いので 30 のサイトを作成してあなたのサイトへリンクするということはできません。Google への評判は重要であり小さいサイトから 100 のリンクは何の評判にもならず例えば www.time.com からの一つのリンクのようにはカウントされません。

その他の方法

もちろん、標準的なことが当てはまります。

  • あなたの内容を興味深いものにする
  • 関連のあるサイトへのリンクと関連のあるサイトからあなたのサイト(理由のある)へのリンク
  • サイトがアクセス可能であるようにすること(Google は JavaScript をオフにしたウェブサーフと同じようなもので見ているので)
  • あなたの分野におけるブロガーがあなたのサイトの話をするようにすること(現在のところこれが最もよい方法です)

カテゴリ:requiring updating(翻訳準備中)|管理者
メインページ

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした