Help us understand the problem. What is going on with this article?

Moodle 3.8 マニュアル - 自動アップデートの配置

原文

自動アップデートの配置

内容

1 アップデートの配置を有効にする
2 アップデートの配置を無効にする
3 起こり得る問題
3.1 インストールボタンが表示されない
3.2 プラグインファイルに書き込みできない
3.3 パッケージをダウンロードできない
4 エラーと例外
4.1 パッケージをダウンロードできない(download_file_exception))

1 アップデートの配置を有効にする

この機能を使うには、Available update notifications(https://docs.moodle.org/37/en/Available_update_notifications) が利用可能である必要があります。機能は、web サーバがプラグインがアップデートされるフォルダへ書き込み権限があれば、デフォルトで有効化されます。

2 アップデートの配置を無効にする

ある数少ない環境(多数のローカルな変更がある完全にマージされたサーバや、独自のアップデートの配置をしているサイト - Git チェックアウト を経由して - のように)においては、自動アップデートの配置を許可しないことが望ましいです。この機能は、config.php ファイルに次のコードを追加することにより、完全に無効にされます。

// Use the following flag to completely disable the installation of plugins
// (new plugins, available updates and missing dependencies) and related
// features (such as cancelling the plugin installation or upgrade) via the
// server administration web interface.
$CFG->disableupdateautodeploy = true;

3 起こり得る問題

3.1 インストールボタンが表示されない

もしアップデートの配置機能が有効にされない(あるいは、config.php により無効にされる)のなら、アップデートするためのボタンは表示されません。この機能が有効にされていると、配置が働くことを確かめるために、ある事前チェックを実行する、入手可能なアップデートのリスト、のページが表示されます。

3.2 プラグインファイルに書き込みできない

配置の最中、Moodle は、全フォルダをプラグインの新しいバージョンのコードで置き換えます。web サーバプロセスは、フォルダとその全ての内容に書き込み権限がなければいけません。これを実現するには、あなたの web サーバの設定や個人の好みにより、いくつかの方法があります。プラグインフォルダの正確な場所はプラグインのタイプに依存します。全場所のリストは、Plugins developer docs を参照してください。

例:あなたの web サーバが Apache、Linux サーバで、ユーザは www-data です。あなたの Moodle は /var/www/vhosts/moodle/htdocs にインストルされています。あなたは、activity modules に書き込み権限を与えて、アップデートします。

# cd /var/www/vhosts/moodle/htdocs
# chown -R www-data mod
# chmod -R u+w mod

プラグインインストール を参照してください。

3.3 パッケージをダウンロードできない

http://moodle.org/plugins が上がっているのを確認してください。もしこのサイトがダウンしているなら、あなたの Moodle サイトは、そこから ZIP ファイルを取ってこられません。http://moodle.org/plugins がアップすることを確認し、展開の手順を繰り返してください。

SSL 証明書の有効性でも問題が生じ得ます。 SSL certificate for moodle.org を確認してください。

4 エラーと例外

次の章では、起こり得るエラーとその対処方法について記述しています。

4.1 パッケージをダウンロードできない(download_file_exception)

mdeploy.log ファイルの一番下をチェックしてください。おそらく、"cURL error" という文字でスタートし、エラー番号と cURL のエラーの記述がある行があると思います。

cURL error 7 couldn't connect to host

サイト、http://download.moodle.org がアップしており、そのとき生きていることを確認してください。もし、ダウンしているならば、入手可能なアップデートの情報を得るための web サービスを呼ぶことはできません。http://download.moodle.org がアップするまで待ち、再度チェックしてください。

cURL error 60 (SSL certificate problem)

これは、リモート(moodle.org)サイトの SSL 認証の妥当性に問題があることを示しています。SSL certificate for moodle.org を参照しくてださい。

カテゴリ:インストール

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away