Edited at

初めてのGo!インストールまで


20190706 追記:bulb:

新しい記事を書きました。

Goのバージョン管理する GVM での環境構築です。

こちらを参考にしていただく方が良いかもしれないです:v:

Goの環境構築時にバージョン管理を見越してインストールする


環境構築


事前準備

※ homebrewを事前にインストールする(していなかったら)

僕は過去にしていたので今回はしていませんが、以下のリンク先を参考にしてした記憶がありますので、勝手ながら掲載させていただきました。


Goのインストール

homebrewをインストールしておけば以下のコマンドだけでok!

$ brew install go

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/go-1.10.3.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring go-1.10.3.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
A valid GOPATH is required to use the `go get` command.
If $GOPATH is not specified, $HOME/go will be used by default:
https://golang.org/doc/code.html#GOPATH

You may wish to add the GOROOT-based install location to your PATH:
export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/go/1.10.3: 8,170 files, 336.7MB

$ go version
go version go1.10.3 darwin/amd64


インストールの確認

hello.goという名前(名前は何でもいい)のファイルを作成する。


hello.go

package main

import "fmt"

func main(){
fmt.Printf("Hello, world\n")
}


と記述し、

$ go version

go version go1.10.3 darwin/amd64
$ go run hello.go
Hello, world

と帰ってきたら完了!


GOROOT、GOPATHを設定する

vi ~/.bash_profile

で.bash_profileに環境変数を記述

export GOROOT=$HOME/go

export GOPATH=$HOME/go/goroot
export PATH=$PATH:$HOME/go/bin

実をいうと、参考にした記事に書いてありましたが、pathの先はどこでもいいみたいですね。

GOPATH は適当に決めて問題ない

という感じです。

これで一通りgoのインストールにおける手順は以上になります。

go触るのは初めてで知識もままならないので、ご質問・ご指摘ございましたらコメントよろしくお願いいたします。

最後まで見ていただきありがとうございました。