1. imura

    No comment

    imura
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,95 +1,74 @@
# 用意するもの<a id="sec-1" name="sec-1"></a>
- Arduino Uno
- PIC24FJ64GB004 小型マイコン基板 SBDBT (ランニングエレクトロニクス)
<http://runningele.cart.fc2.com/ca1/2/p-r-s/>
- Bluetooth USB アダプター BSHSBD03 (バッファロー)
<http://buffalo.jp/products/catalog/supply/bluetooth/bluetooth/adapter/bshsbd03/>
# 結線<a id="sec-2" name="sec-2"></a>
-SBDBT と Arduino 間の結線は以下の通り:
+SBDBT と Arduino 間の結線は以下の通り
-<table>
-
-<tr>
-<td class="right">SBDBT</td>
-<td class="left">Arduino Uno</td>
-</tr>
-
-<tr>
-<td class="right">2</td>
-<td class="left">3.3V</td>
-</tr>
-
-<tr>
-<td class="right">3</td>
-<td class="left">GND</td>
-</tr>
-
-<tr>
-<td class="right">7</td>
-<td class="left">D0(RX)</td>
-</tr>
-
-<tr>
-<td class="right">8</td>
-<td class="left">D1(TX)</td>
-</tr>
-</table>
+|SBDBT | Arduino Uno |
+|:----:|:-----------:|
+|2 | 3.3V |
+|3 | GND |
+|7 | D0(RX) |
+|8 | D1(TX) |
また,SBDBTの6番ピンと9番ピンを接続しておく(フロー制御なしの設定).
![arduino-sbdbt.jpg](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/53034/2f9d14bf-bf83-d206-2171-fa88b3f8472b.jpeg)
# プログラム<a id="sec-3" name="sec-3"></a>
int counter;
void setup() {
Serial.begin(9600);
counter = 0;
}
void loop() {
Serial.println(counter);
counter++;
delay(100);
}
# 書き込みと接続<a id="sec-4" name="sec-4"></a>
## Arduino側<a id="sec-4-1" name="sec-4-1"></a>
- Arduino Unoにプログラムを書き込むときには,D0(RX)とD1(TX)ピンを抜いておく必要がある.
- USBケーブルでPCとつないだままだと,シリアル接続での通信経路がUSBケーブル経由になってしまう.
Bluetoothで通信を行うためには,USBケーブルをPCから外す必要がある.
Arduinoへの給電はUSB-ACアダプタなどで行う.
## Windows側<a id="sec-4-2" name="sec-4-2"></a>
- タスクバーのBluetoothアイコンを右クリックし,[Bluetoothデバイスの追加]を選択する.
![sbdbt01.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/53034/83537cf1-9984-5e2c-2980-ef8d8c932ba0.png)
- Bluetoothデバイスの管理画面に,SBDBT-xxxxxxxxxxxxが現れるので(少し時間が
かかることもあるので気長に待つ),[ペアリング]をクリックする.
パスコードの入力を促されるので,マニュアルにある通り0000を入力する.
![sbdbt02s.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/53034/df315a54-4d59-6f3d-36b8-736d53f2100c.png)
- デバイスマネージャーの[ポート(COMとLPT)]に[Bluetoothリンク経由の標準シリアル]が現れる.
私の場合は二つ現れた.
プロパティの[詳細]タグの[バスによって報告されるデバイスの説明]がSPP(Serial Port Profile)になっている方が恐らく正解.
![sbdbt03.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/53034/8afc04bc-d6bf-01b1-cf0b-4be824b853a7.png)
- ポートの設定について,動作した例を以下に示す.
![sbdbt04.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/53034/65c2f09c-0a27-1a59-ba58-a6cfe3bc0c8b.png)
- Arduinoから送信されたデータの確認には,例えばTera Term <http://osdn.jp/projects/ttssh2/> を使う.
以下のように表示されればOK.
![sbdbt05.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/53034/7f95a119-1b06-47f4-2b90-43edf8b10ec0.png)