Edited at
移行Day 7

AdventCalendar Day07 [超Ruby入門]


はじめに

本記事は、超Ruby入門7日目の記事です。

コメント頂ける方は、ガイドラインを読んで頂けると幸いです。


目的

Vimのカスタマイズを通して、普段利用しているエディタに目を向ける大切を感じる


目標

Vimの操作に慣れる

自分でVimをカスタマイズできるようになる。


やること

よく使うvim操作

vimをカスタマイズ


なぜ、エディタに投資する必要があるのか

7つの習慣という本を知っているだろうか?

おそらく最も有名な自己啓発本の一つだろう。

その中に第3の習慣:最優先事項を優先するというものがある。

緊急でないが、重要であることの時間を増やせば人生豊かになるよということだ。

人生でなく技術的に緊急の重要の軸で考えると良い。

以下に例を示す。

緊急
緊急でない

重要
研究
単位を取る
テキストエディタ
ソースコードを読む

重要でない
学生だと、この領域はないかも
Twitterでイキってる奴をフォローする
Railsを触る

まだまだ、調べる時間に対してコードを記述する時間が少ないためわざわざテキストエディタに、こだわらないかもしれない。

しかし、緊急でないが重要なものに投資してみよう。いつしか過去の自分に感謝するはずだ。


本題

今回は、Vimというテキストエディタに触れていく。

Vimは、CUIで操作できる高機能なテキストエディタだ。

さて、Vimの基本的な使い方を見ていこうと言いたいところだが

Vimは初心者に優しいチュートリアルが既に用意されている。ターミナル上で下記コマンドを実行するとチュートリアルが見れるはずだ。

$vimtutor

vimtutorを何度も繰り返し練習すると、基本的な操作方法が身につくはずだ。

次にvimtutorに載っていない、よく使うコマンドを紹介しておく。

操作
内容

Ctrl + u
半画面上

Ctrl + b
1ページ画面上

Ctrl + d
半画面下

Ctrl + f
1ページ画面下

Ctrl + v
hjklなどでカーソル移動
Shift + i
Rubyなら"#"を入力
Escape_key
複数行コメントアウト

Ctrl + v
hjklなどでカーソル移動
d
複数行コメントアウト取り消し

:n
次のファイルに進む

vim file1 file2のように起動
or
起動後に、:n file1 file2

:prev
前のファイルに戻る

:vs file
指定ファイルとで画面を左右分割

:sp file
指定ファイルとで画面を上下分割

最後に、Vimをカスタマイズする。

.vimrcを開いてキー割り当て変更してみよう。

$vim ~/.vimrc

nnoremap sv :vs

.vimrcを閉じて、再度起動しファイルが二つ以上あるディレクトリに移動。

ノーマルモードでsvと入力すると、:vsが補完されるはずだ。

これで初めてのカスタマイズは、終了だ。


課題

行番号が表示されるようにVimをカスタマイズせよ


もっと深めたい人

何も考えず~/.vimrcにこれを書くんだ! 〜vim初心者によるvim初心者のためのvim入門〜

vim-jp » Vimのユーザーと開発者を結ぶコミュニティサイト

dein

tpope/vim-fugitive