Edited at

プレゼンテーションも出来る静的サイトジェネレーター「Wikismith」

More than 5 years have passed since last update.


このまとめについて

2014年8月1日にリリースされたばかりの静的サイトジェネレーター「Wikismith」に触れていきます。


Wikismithとは

WikismithのGitHubリポジトリの説明に依ればWikismithとは下記のようなものらしい。


Wikismith is a fun static site generator for fans of gulp and bower


曰く、Wikismithとはgulpbowerのファンの為の楽しい静的サイトジェネレーターです、と。

公式サイトでは例として、公式サイト自身のスクロールに追随するナビゲーションを、そしてBespoke Presentationsのようなものを、マークダウンから生成することが出来る、としています。


Transform markdown to use more of a front-end's capabilities. Take for example the scroll-spy on this page, or nifty Bespoke Presentations -- both are generated from markdown using Wikismith's built-in themes.


ようはマークダウンファイルをいい感じにアウトプットするツールということなので、あっちこっちに散らばるドキュメントをまとめる等々に向いているのではないかと思う次第。


GitHub

https://github.com/wikismith/wikismith


公式サイト

http://www.wikismith.com/


Wikismithのはじめかた

百聞は一見に如かず、なにはともあれ実際に動かしてみるに限る。

まず、作業用ディレクトリを作成して移動しておく。

mkdir my-first-wikismith

cd my-first-wikismith

次に、npmでWikismithのyeoman-generatorをインストールする。

npm install generator-wikismith

そして、yoコマンドでWikismithをインストールする。

yo wikismith

最後にgulpコマンドでローカルサーバーを立ち上げてhttp://localhost:9292を叩いてみる。

gulp

正常に起動していれば下記の画面と相対することになる。

BS3 Theme (1).png


Wikismithで出来ること


Pages


Themes


Wiki


Blogging


Presentations

詳細は後日追記します^w^