Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Ruby on Rails】開発環境構築(MacOS)

MacOSの状態を確認

Catalina以降の場合とMojave以前の場合で環境構築の設定が異なります。

OSがMojave以前の場合の環境構築

❶Command Line Toolsを用意

Command Line ToolsはWebアプリケーション開発に必要なソフトウェアをダウンロードするために必要な機能です。

$ xcode-select --install

❷Homebrewを用意

$ cd  #ホームディレクトリに移動
$ pwd #ホームディレクトリにいるかどうか確認
$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"  #コマンドを実行

※処理に時間がかかる可能性のある操作です。

Press RETURN to continue or any other key to abort」と表示されたら、「続けるにはエンターキーを、やめるにはそれ以外の入力をしてください」という意味ですので、エンターキーを入力します。

Password:」と表示されたら、PCを開く際に求められるパスワードを入力します。ターミナル上で文字は表示されませんが、間違いなく入力はされています。パスワードを入力し終わったらエンターキーを押します。

$ brew -v  #Homebrewがインストールされているか確認
Homebrew 1.8.0
$ brew update  #Homebrewを最新状態にする
$ sudo chown -R `whoami`:admin /usr/local/bin  #Homebrewの権限を変更

❸新しいバージョンのRubyをインストール

$ brew install rbenv ruby-build  #Homebrewを用いてrbenvとruby-buildをインストール
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile  #PCにおけるどこのディレクトリからも使用できるようにする
$ source ~/.bash_profile  #bash_profileの変更を反映
$ brew install readline  #readlineをインストール
$ brew link readline --force  #どこからも使用できるように
# rbenvを利用してRubyをインストール
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline)"
$ rbenv install 2.5.1
$ rbenv global 2.5.1  #利用するRubyのバージョンを指定
$ rbenv rehash  #rbenvを読み込んで変更を反映
$ ruby -v  #Rubyのバージョンを確認

先ほどインストールした2.5.1であることが表示されれば完了です。

❹MySQLを用意

MySQLは、Webアプリケーションにおけるデータを蓄積する場所のこと。

# MySQLのインストール
$ brew install mysql@5.6
$ brew reinstall https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/homebrew-core/f171f1c74/Formula/mysql@5.6.rb

※処理に時間がかかる可能性のある操作です。

# MySQLの自動起動設定
$ mkdir ~/Library/LaunchAgents 
$ ln -sfv /usr/local/opt/mysql\@5.6/*.plist ~/Library/LaunchAgents
$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql\@5.6.plist
# mysqlのコマンドをどこからでも実行できるようにする
$ echo 'export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.6/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
# mysqlのコマンドが打てるか確認する
$ which mysql
# 以下のように表示されれば成功
/usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql

❺Railsを用意

Railsというフレームワークを用いて、Rubyでアプリケーションを作成します。

$ gem install bundler  #bundlerをインストール
$ gem install rails --version='5.2.3'  #Railsをインストール

※処理に時間がかかる可能性のある操作です。

$ rbenv rehash  #rbenvを再読み込みしておく
$ rails -v  #Railsが導入できたか確認

Mojave以前の場合は、これにてWebアプリケーション開発のための環境構築は完了です。

OSがCatalina以前の場合の環境構築

# zshをデフォルトに設定
$ chsh -s /bin/zsh
# ログインシェルを表示
$ echo $SHELL
# 以下のように表示されれば成功
/bin/zsh

もしecho $SHELLコマンドで、/bin/zshと表示されなかった方は、一度ターミナルを閉じて再度開いた上でもう一度echo $SHELLコマンドを実行します。(“$”が“%”になっている可能性もあります)

❶Command Line Toolsを用意

$ xcode-select --install  #Command Line Toolsをインストール

❸Homebrewを用意

$ cd  #ホームディレクトリに移動
$ pwd #ホームディレクトリにいるかどうか確認
$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"  #コマンドを実行

※処理に時間がかかる可能性のある操作です。

Press RETURN to continue or any other key to abort」と表示されたら、「続けるにはエンターキーを、やめるにはそれ以外の入力をしてください」という意味ですので、エンターキーを入力します。

Password:」と表示されたら、PCを開く際に求められるパスワードを入力します。ターミナル上で文字は表示されませんが、間違いなく入力はされています。パスワードを入力し終わったらエンターキーを押します。

$ brew -v  #Homebrewがインストールされているか確認
$ brew -v
Homebrew 2.1.13
$ brew update  #Homebrewをアップデート
$ sudo chown -R `whoami`:admin /usr/local/bin  #Homebrewの権限を変更

❸新しいバージョンのRubyをインストール

$ brew install rbenv ruby-build  #Homebrewを用いてrbenvとruby-buildをインストール
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc  #PCにおけるどこのディレクトリからも使用できるようにする
$ source ~/.zshrc  #zshrcの変更を反映
$ brew install readline  #readlineをインストール
$ brew link readline --force  #どこからも使用できるように
# rbenvを利用してRubyをインストール
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline)"
$ rbenv install 2.5.1

※処理に時間がかかる可能性のある操作です。

$ rbenv global 2.5.1  #利用するRubyのバージョンを指定
$ rbenv rehash  #rbenvを読み込んで変更を反映
$ ruby -v  #Rubyのバージョンを確認

❹MySQLを用意

# MySQLのインストール
$ brew install mysql@5.6
$ brew reinstall https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/homebrew-core/f171f1c74/Formula/mysql@5.6.rb

※処理に時間がかかる可能性のある操作です。

# MySQLの自動起動設定
$ mkdir ~/Library/LaunchAgents 
$ ln -sfv /usr/local/opt/mysql\@5.6/*.plist ~/Library/LaunchAgents
$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql\@5.6.plist
# mysqlのコマンドをどこからでも実行できるようにする
$ echo 'export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.6/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ source ~/.zshrc
# mysqlのコマンドが打てるか確認する
$ which mysql
# 以下のように表示されれば成功
/usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql

❺Railsを用意

$ gem install bundler  #bundlerをインストール
$ gem install rails --version='5.2.3'  #Railsをインストール
$ rbenv rehash  #rbenvを再読み込みしておく
$ rails -v  #Railsが導入できたか確認

Catalina以降の場合は、これにてWebアプリケーション開発のための環境構築は完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした