CircleCI

CircleCI 2.0はローカル環境で実行できるよ

先日CircleCI 2.0のopen betaが出ましたね

CircleCIはDockerネイティブサポートになったりDocker 1.10.0に縛られなくなりました

ただ1.0に存在していたSSHデバッグ機能は使えなくなりました

しかし恐れることありませんCircleCI 2.0はローカル環境で実行できるのです

記事執筆時はSSHが使えませんでしたが、2018年8月の時点では2.0でもSSHがサポートされました。


CircleCIをローカル環境にインストールする

以下のようにインストールします

$ curl -o /usr/local/bin/circleci https://circle-downloads.s3.amazonaws.com/releases/build_agent_wrapper/circleci && chmod +x /usr/local/bin/circleci


アップデートする

おそらく初回はアップデートしろと言われるのでアップデートします

$ circleci update


実行する

テスト用に設定を用意しました

CircleCI demo

$ cd ${プロジェクトroot}

$ circleci build


終わりに

これでCircleCIのデバッグのときに毎回pushすることからある程度開放されます

CircleCIを楽しみましょう