Help us understand the problem. What is going on with this article?

RaspBerry Pi 4 USBブート 

公式ではUSBブート未対応

公式ではまだRaspBerry Pi 4のUSBブートは未対応。ベータ版でネットワークブートには対応している。
非公式ではSDカードでブートした後にSSDにOSを移し替えてたりする。
電源を切るとやり直しか、またはSDカード経由のブートになり、スマートではない。

まだRaspBerry Pi 4の購入は早いかな...。私は初期不良にあたり、外人と英語でチャットして一度返金作業の申し込みもした。
ちなみに9月4日に技適は通ってるっぽい。
raspberrypi4_技適.jpg

公式フォーラムでも似た質問がある
Pi4ブートローダーの構成

以下はUSBブートの変更方法を予想で先に記事を書き込む。

RaspBerry Pi 4の起動をSDカードからUSB3.0接続のSSDへ変更する方法。(Pi3 Model B+は初期設定でUSBブートができる。)
今までのRaspBerry PiはOTP Memoryのため、一度しかブート情報は変更できなかった。
「RaspBerry Pi 4」はEEPROMで起動順位を管理する。耐久、書き込みに失敗しなければ何度もブート情報を変更できる。
この作業はPCでいうとBIOS/UEFIのアップデート作業と考えて良い。(失敗すると文鎮化)

Raspberry Pi 4 boot EEPROM
Pi4ブートローダーの構成

1.準備

  • Raspberry Pi 4
  • Raspbian BusterをインストールしたSDカード (EEPROMに書き込むためだけに使用)
  • Raspbian BusterをインストールしたSSD
OSインストールのツール (SDカード、SSD共通)

FAT32にするツール : Disk Formatter
OS : Raspbian Buster
OSイメージを書き込むツール : balenaEtcher

注意
  • SSDはRaspberry Pi 4に認識されるようにフォーマットはFAT32にすること。
  • Raspberry Pi 4のOSはRaspbian Busterから認識され、起動できる。

2. EEPROMを書き換えるためのパッケージをインストール

SDカードでRaspBerry Pi 4を起動し、SSH接続する。
以下のコマンドを実行する。

sudo apt update
sudo apt full-upgrade
sudo apt install rpi-eeprom
# 更新の自動実行を無効にする。
sudo systemctl mask rpi-eeprom-update
# 更新を有効にする。(直したい場合)
#sudo systemctl unmask rpi-eeprom-update

書き途中...
この後、ブートローダーtxtファイルに新たに出ると考えるオプションを書き込み、そのtxtファイルでEEPROMを書き換えるコマンドを実行する。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした