1
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【初学者】AWSハンズオン③仮想サーバ(EC2)へログイン

【初学者】AWSハンズオン③仮想サーバ(EC2)へログイン

はじめに

【初学者】AWSハンズオン①VPC構築

今回は前回記事の【初学者】AWSハンズオン②仮想サーバ(EC2)の作成の続きから、仮想サーバ(EC2)ログインについてのハンズオン記事を書いていきます。

用語

・インスタンスにログインするために『キーペア(公開鍵・秘密鍵)』が必要となる
SSHとは「Secure Shell」の略で、ネットワークに接続された機器を遠隔操作して管理するための手段

【参考サイト】
インフラエンジニアじゃなくても押さえておきたいSSHの基礎知識

手順概要

①事前準備1(VPC・サブネット)〜②事前準備2(AMI・EC2停止起動)〜③EC2(インスタンス)へSSH接続してログインまでを構築していく手順をハンズオン形式で公開していきます。

EC2へログイン

①事前準備1(VPC・サブネットの変更)

PCのターミナルからインスタンスにアクセスしようとしたところ、VPC・サブネットにパブリックIPv4(赤枠の部分)を設定していなかったためアクセスが出来ませんでした。
そのためインスタンスをSSH接続できるように、パブリックIPを取得していきます。
スクリーンショット 2021-03-28 9.10.59.png

VPCを確認してみる

【DNSホスト名 無効(写真撮り忘れ)】になっているのを確認できたので、ホスト名を編集していきます
スクリーンショット 2021-03-28 9.24.05.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.24.17.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.24.29.png

サブネットを確認してみる

詳細【パブリックIPv4 アドレスを自動割り当て いいえ】と確認できたので、自動割り当てされるように設定していきます
スクリーンショット 2021-03-28 9.26.02.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.26.18.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.26.52.png
無事に【パブリックIPv4 アドレスを自動割り当て はい】になったことが確認できました

②事前準備2(AMI・EC2停止起動)

再度インスタンスを立ち上げなければ反映されないので、インスタンスを終了させるまえにAMIを取得しておきます(現段階でのAMIの内容情報は少ないので終了でもいいかとは思ったのですが、学習のためAMIを作成)

AMIを作成していく

スクリーンショット 2021-03-28 9.32.15.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.38.35.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.41.00.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.41.43.png
スクリーンショット 2021-03-28 9.43.58.png

前回作成したEC2を削除する

スクリーンショット 2021-03-28 9.42.07.png

AMIからEC2(インスタンス)を作成していく

前回のEC2と同じ内容で作成していきます(AMIの恩恵は今回はあまりないです)
スクリーンショット 2021-03-28 9.43.58.png

EC2停止起動

起動して詳細を確認すると、VPC・サブネットにパブリックIPv4(赤枠の部分)が設定されて、インスタンスにも反映されていることがわかりました
スクリーンショット 2021-03-28 9.49.43.png

③EC2(インスタンス)へSSH接続してログイン

早速ターミナルからインスタンスへログインをおこなっていきます

ターミナルからのログイン

スクリーンショット 2021-03-28 9.09.10.png

% mkdir ~/ .ssh
【.ssh】というディレクトリ(フォルダ)を作成する
既に私の場合はディレクトリがあるので、Filse existsとエラーが表示されています
% mv Downloads/ダウンロードした鍵の名前.pem .ssh/
mvコマンドでダウンロードしたファイルを、【.ssh】というディレクトリ(フォルダ)へ移動
% cd .ssh/
cdコマンドで【.ssh】ディレクトリに移動(四角で囲っていますが、移動したのがわかるかと思います)
% ls
lsコマンドで【.ssh】ディレクトリの内部を確認すると、ダウンロードした鍵の名前.pemが移動していることがわかります
% chmod 600 ダウンロードした鍵の名前.pem
chmodコマンドで【ダウンロードした鍵の名前.pem】の権限を「0600」にします

【参考サイト】
chmod コマンド


※ssh接続を実行した際、以下のようなメッセージが表示されることがありますが「yes」と入力して実行してください
スクリーンショット 2021-03-28 10.29.00.png

インスタンスへアクセスする

ssh -i ダウンロードした鍵の名前.pem ec2-user@作成したEC2インスタンスのパブリックIPv4 DNS

上記のコマンドをターミナルに打ち込み下記の画像が表示されたらログインが成功です
スクリーンショット 2021-03-28 10.02.23.png

まとめ

前回、前々回に引き続きヨクワカラナイなんて方の、少しでも手を動かすための力になれたら幸いです。

間違い等ございましたら、お手数ですがご気軽にご教授いただけると幸いです。
ここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。

【AWS ハンズオン】
【初学者】AWSハンズオン①VPC構築
【初学者】AWSハンズオン②仮想サーバ(EC2)の作成

参考書籍・記事

こちらの記事を参考にさせていただております。

【参考書籍】
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改
Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド
【サイト】
0から始めるAWS入門①:EC2編
インフラエンジニアじゃなくても押さえておきたいSSHの基礎知識
chmod コマンド

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
1
Help us understand the problem. What are the problem?