PHP
PHP入門講座

php 備忘録 その3(配列、配列の制御)

現在PHPを学習中なので
復習がてら備忘録を作成。
今回は配列と配列の制御を中心に作成。

array文

配列 は、array()で作成することが可能(array[]でも可)
以下2通りの配列生成の文を記述

キー指定の配列生成

 この構造は、 特定の数のカンマで区切られた キー(key) => 値(value) の組を引数とする。 (引用元:http://php.net/manual/ja/language.types.array.php)
 

array1.php
<?php
  $array = [
  "foo" => "bar",
  "bar" => "foo",
];
?>

キーを指定しない配列生成

 この構造は、値(value)のみを引数とする。

Array2.php
<?php
  $var1=Array('apple','Lemon','Banana');
  echo $var1[0];
  #出力:apple
  print_r($var1);
  #出力:Array ( [0] => apple [1] => Lemon [2] => Banana ) 
?>

foreach文

・配列を反復処理するための便利な方法。
・foreach が使えるのは配列とオブジェクトだけで、 別のデータ型や初期化前の変数に対して使うとエラーになる。

以下の2種類の構文が或る。

foreach.php
foreach (array_expression as $value){
 #処理内容
}

foreach (array_expression as $key => $value){
 #処理内容
}

以下具体例を記述

foreach1.php
<?php
$arr = array(1, 2, 3, 4);
foreach ($arr as &$value) {
    $value = $value * 2;
}
print_r($arr);
#出力:Array ( [0] => 2 [1] => 4 [2] => 6 [3] => 8 ) 
?>