Edited at

RaspberryPiで遊んでみたーその3 ScanSnapをブラウザから操作するための準備をする

More than 3 years have passed since last update.

RaspberryPiに、nginx、php、ftpサーバなどをインストールして、webサーバとして使えるようにセットアップしていきます


nginxをインストールする

$ sudo apt-get install nginx

$ sudo service nginx start


80番ポートへの接続を許可する

$ sudo ufw allow 80

$ sudo ufw reload

ブラウザでRaspberryPiのIPアドレスにアクセスしてみて、「Welcome to nginx!」と表示されたら成功


phpのインストールと設定

参考サイト:Tutorial – Install Nginx and PHP on Raspbian


phpのインストール

$ sudo apt-get install php5 php5-fpm php5-cgi php5-cli php5-common php5-mysql

$ sudo vi /etc/nginx/sites-available/default


/etc/nginx/sites-available/defaultの編集


/etc/nginx/sites-available/default

...略...

#アンコメント
listen 80; ## listen for ipv4; this line is default and implied

...略...

#index.phpを追加
index index.php index.html index.htm;

...略...

#アンコメント
location ~ \.php$ {
fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
# NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini

# # With php5-cgi alone:
# fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;

# # With php5-fpm:
fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
fastcgi_index index.php;
include fastcgi_params;
}

...略...



/etc/php5/fpm/php.ini の編集

$ sudo vi /etc/php5/fpm/php.ini

;cgi.fix_pathinfo=1の部分のコメントを外して、数値を0に変える


/etc/php5/fpm/php.ini


;cgi.fix_pathinfo=1

↓↓

cgi.fix_pathinfo=0



php実行ユーザの設定

phpの実行ユーザがwww-dataのままだと、シェルスクリプトの実行などに支障が出るので、実行ユーザをraspiscanに変える

参考サイト:Raspberry PiでWordPressサーバ構築 <6. 環境設定編>

$ sudo vi /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

実行ユーザと実行グループをraspiscanに変える


/etc/php5/fpm/pool.d/www.conf

・・・(略)・・・

usr = raspiscan
group = raspiscan

・・・(略)・・・



設定ファイルの読み込みとnginxの再起動

$ sudo /etc/init.d/php5-fpm reload && sudo /etc/init.d/nginx reload

動作確認用のphpファイルを作成する

$ cd /usr/share/nginx/www

$ sudo vi index.php


index.php

<? phpinfo(); ?>


ブラウザでRaspberryPiのIPアドレスにアクセスしてみて、phpinfoページが表示されたら成功

一覧の下の方、EnvironmentのUSERがraspiscanになっていることを確認する


ftpをインストールする

phpファイルを書いたりするのは、開発環境の整っているローカルマシンがいいってことで、ftpを使えるようにする

参考サイト:RASPBERRY PI – Install FTP


vsftpdのインストール

$ sudo apt-get upgrade && sudo apt-get update

$ sudo apt-get install vsftpd


設定ファイルの編集

$ sudo vi /etc/vsftpd.conf

vsftpd.confを編集


/etc/vsftpd.conf


YESをNOに書き換える
Anonymous_enable=NO

以下をアンコメント
Local_enable=YES
Write_enable=YES
Ascii_upload_enable=YES
Ascii_download_enable=YES



ftp:20、21番ポートへの接続を許可する

$ sudo ufw allow 20

$ sudo ufw allow 21
$ sudo ufw reload


操作ページ用のフォルダを作る

$ cd /usr/share/nginx/www

$ sudo mkdir raspiscan
$ sudo chown raspiscan raspiscan


次はいよいよ操作ページを作るよ!!

RaspberryPiで遊んでみたーその4 ScanSnapをWebから操作するための操作ページを作る