0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Vortex Coreで様々なキー配列にカスタマイズしてみた

Vortex Coreで様々なキー配列にカスタマイズしてみた

QWERTY

QWERTYは1867年に特許を取得し、1880年代頃にほぼ現在の形ができあがった。
言うまでもなく世界標準のキーボード配列でありVortex Coreのデフォルトの配列

当時のタイプライターの技術的物理的な制約下で最も合理的な配列であった

Default

Much Programming Core ( https://tsfreddie.github.io/much-programming-core/ ) のWebサイトから引用

keyboard-layout.default.jpg

カスタマイズ例

デフォルトから自分用にカスタマイズしたQWERTYレイアウト

keyboard-layout.QWERTY.jpg

DHIATENSOR

DHIATENSOR配列はタイプライター黎明期に存在した配列のひとつ。
下記画像はVortex Coreの配列に再現したもので、当時の物理的な位置とは大きく異なっている。

keyboard-layout.DHIATENSOR.jpg

20世紀のキー配列

Dvorak

Dvorakは1936年に特許が取得された。
先行するQWERTYよりも合理的にタッチタイピングできることを目的とした歴史上初のキー配列である
多くの専門家がDvorakのほうがQWERTYよりも優れていると認めていたが、QWERTYに取って代わることはなかった。

DvorakはQWERTYに次いで2番目のユーザーシェアがあるが、コンピューターの誕生前にタイプライター用に考案されたため時代遅れになっていることは否めない。
例えばUndoやCut、Copy、Pasteなどの定着したショートカットキーを考慮していない。
また、いくつもの欠点を指摘されている。例えば右手の負担が重く、特に右手小指が疲労しやすい。
現代において新規に習得するのはあまり合理的とはいえない。

keyboard-layout.DVORAK.jpg

Maltron

1970年代頃より、Maltron社が販売しているエルゴノミクスキーボードに実装されているキー配列

keyboard-layout.Maltron.jpg

Arensito

Arensitoは2001年に考案された。
非常に個性的なキー配列で、ホームポジションが通常よりも一段上に設定されている。
また、40%キーボードのように3段に圧縮した配置となっており、時代を先取りしすぎたとも言える。
Vortex Coreでは制約上、Arensito配列を再現するのは難しい。

※Arensito Webサイトより引用
arensito.jpg

Colemakとその周辺

21世紀になってからColemakが登場した。
理想のキー配列はDvorakのようにQWERTYから大幅な変化が必要というそれまでの常識はColemakによって覆され、
「QWERTYから最小限の変更で大きな前進を」系アプローチの配列が多く考案された。

Asset

Asset配列は、2004年から2006年にかけて、時代遅れになっていたDvorakへの失望から生まれた。
QWERTYからの変化を抑えて効果を得られることを念頭においている。
ほぼ同時期にほぼ同じコンセプトで世に出たColemakのほうが高い支持を獲得したため、マイナー配列の一つに終わった。

keyboard-layout.Asset.jpg

Colemak

Colemakは2006年に誕生した。ZXCVなどQWERTYとの互換性を保ちながらもDvorakよりも優れた効果を目指した。
発案者(Shai Coleman)の名前とDvorakを組み合わせてColemakと名付けられた。
QWERTY、Dvorakに次いで3番目のユーザーシェアがある。

Colemak以降、より優れたキー配列を探究する試みが生まれ、多くの代替キー配列が考案されるようになった。

keyboard-layout.Colemak.jpg

Colemak Mod-DH

ColemakはDとHの位置が中央にあり、運指上の欠点であるとの批判があった。
例えば「he」や「the」という非常にありふれた単語に頻繁に現れる「he」は右手人差し指と中指の横方向の動きが大きい。
Colemak Mod-DHはそれらを修正したものである。

keyboard-layout.Colemak-DH.jpg

Tarmak

Tarmakは独立したキー配列ではなく、Colemakの習得を補助するために考案された、中間的なキー配列である。
Tarmak 1/2/3/4の4段階あり、段階的に移行してゆき、最終的にColemak/Colemak Mod-DHに到達する。

Minimak

QWERTYからの変更を最小限度に抑えながらも、効果的なキー配列を目指したもの
いくつかある中から好みのものを使えばよい。

  • Minimak
    http://www.minimak.org/

  • Minimak - QWERTYから4箇所変更したもの
    keyboard-layout.Minimak.jpg

  • Minimak 8-key - QWERTYから8箇所変更したもの
    keyboard-layout.Minimak8.jpg

  • Minimak 12-key - QWERTYから12箇所変更したもの
    keyboard-layout.Minimak12.jpg

Capewell-QWERF

2005年から2007年にかけて、Michael Capewellが自分用に考案した。

keyboard-layout.Capewell-QWERF.jpg

Workman

Workman配列は2010年に考案された。
Colemakの欠点である中央列のDHからの横方向の動きと右手小指の負担軽減等に留意している。
Colemak配列に触発された、またはColemakを修正する派生の中では最も有用な配列である。

Workman配列では以下のように、キーごとに打鍵の負担を数値化し、出現頻度の高い文字を優先的に負担の少ないキーに配置している。
※画像はWorkman Webサイトより引用
keyboard_graded.workman.png

keyboard-layout.workman.jpg

Norman layout

David Normanが2013年に考案したキー配列。
本人の主張に反してこの配列は酷いもので、様々なベンチマークで劣悪なスコアを出している。

keyboard-layout.Norman.jpg

Qwpr keylayout

Normanと同時期の2013年に生まれた、Dvorakに失望しColemakに触発された「QWERTYから最小限の変更で大きな前進を」系アプローチの配列。
スペイン語などのラテン系言語に配慮していることが特徴

keyboard-layout.qwpr.jpg

Carpalx

Carpalxはキー配列ではなくキー配列を定量的に評価するツールでありプロジェクトのこと。
Colemakとほぼ同時期に始まったこともあり、QWERTYのZXCV維持への執着がみられる。
Carpalxからは複数のキー配列が考案されているが、QGMLWYが最も推奨されている。

Carpalx QWKRFY

QWKRFYはCarpalxから生まれたキー配列のひとつ。
QWERTYから10キーの差分がある。

keyboard-layout.QWKRFY.jpg

Carpalx QWYRFM

QWYRFMはCarpalxから生まれたキー配列のひとつ。
QWERTYから15キーの差分がある。

keyboard-layout.QWYRFM.jpg

Carpalx QFMLWY

QFMLWYはCarpalxから生まれたキー配列のひとつ。
QWERTYとの互換性をほぼ考慮せず最適化した配列。

keyboard-layout.QFMLWY.jpg

Carpalx QGMLWB

QGMLWBはCarpalxから生まれたキー配列のひとつ。
ZXCVの維持をある程度考慮した配列。

keyboard-layout.QGMLWB.jpg

Carpalx QGMLWY

QGMLWYはCarpalxから生まれたキー配列のひとつ。
QWERTYとの互換性を考慮しZXCVを維持しつつ最適化した配列。
Carpalx産出のキー配列の中で最も推奨されている。

keyboard-layout.QGMLWY2.jpg

機械生成キー配列

Carpalx以降
現代ではキーボードレイアウトベンチマークが発達し、アルゴリズムやAIによるキー配列の生成などが増えてきた。

P.M. Klausler's Evolved Layout

2002年に考案されたキー配列。
キーごとの負担をスコアづけし、アルゴリズムにより生成するなど設計プロセスには先進性が見られる。

keyboard-layout.Klausler.jpg

Capewell

前述のMichael Capewellが、2005年に考案したもの。

keyboard-layout.Capewell.jpg

MTGAP

MTGAPは、Michael Dickensが2008年頃から2012年にかけて遺伝的アルゴリズムにより設計した一連のキー配列の総称。
いくつかのキー配列があり、それらの間には共通性が少ないものも多い。
下記は単に「MTGAP」とだけ表記した場合のキー配列。

keyboard-layout.MTGAP.jpg

Halmak

Halmakは、AI技術によって2016年にリリースされた。
右手優遇位置に母音を集め、左手優遇位置に頻出子音を集めている。
QWERTYとの互換性はほぼ考慮されていない。
また、ColemakのDH問題を重視しているのか、中央列を強く冷遇している。

keyboard-layout.Halmak.jpg

BEAKL系

BEAKLはここ数年のキーボードレイアウト沼世界を席巻する配列
小指列と人差し指隣接列を冷遇するのが大きな特徴
キーボードレイアウトベンチマークで高いスコアを叩き出している
様々なバージョンや派生形があり、バージョン違いでも全くの別配列と言っていいほど変動があり
ひとつの配列に安住することができないのが欠点

ergodox前提にしている配列もあり、Vortex Coreではシフトの関係(?と/など)を切り離すのが手間なので完全にBEAKLを再現するのは難しい

BEAKL 15

現在の最新版BEAKL 15をVortex Coreの制約の中で配置してみた

keyboard-layout.BEAKL15.jpg

BEAKL EZ

英語と中国語の双方に配慮して作られた
マルチリンガル配列をうたっているが、日本語を考えるとKの位置が悪い

keyboard-layout.BEAKLEZ.jpg

BEAKL Stretch

ホームポジションを下段においたアグレッシブな配列
指を伸ばす(Stretch)ほうが曲げるよりも負担が軽いからという発想による

keyboard-layout.BEAKLStretch.jpg

日本発祥のキーボードレイアウト

Typehack

右手に母音を集めることで左右交互の打鍵を意図した配列

keyboard-layout.TypeHack.jpg

Eucalyn

左手中段に母音を集めることで左右交互の打鍵を意図した配列
しかし最頻出のAが左手小指という欠点を持つ
QWやZXCVでQWERTY配列互換とし、ショートカットキーの利便性を高めている
viエディタのHJKLキー移動にある程度配慮している

keyboard-layout.Eucalyn.jpg

Astarte

日本語と英語の打鍵事情に考慮しつつ、Unixコマンド等の現場のITエンジニア体験に基づいて考案された優れた配列

keyboard-layout.Astarte.jpg

QWUOJP version 0.0.1

自作キーボードレイアウト。左手上段の並びと日本語配慮していることからQWUOJP配列と命名

Eucalyn配列の欠点である左手小指が最頻出のAである問題を是正しつつ、その特徴である左手下段のZXCV互換、左手上段のQW互換性、viのHJKLが破綻しない配慮、左手に母音の集中にインスピレーションを受けて、日本語と英語の文字頻出順、BEAKL系配列の小指列冷遇思想等を考慮して作った、ひとことで言えば、ぼくのつくったさいきょうのキーボードレイアウト

文字出現頻度については下記サイトを参考にしている

まだ改善の余地が多いだろうから、下記画像は暫定版

keyboard-layout.QWUO.jpg

QWUOJP version 0.0.2

上記配列から主に右手部分を見直した

  • ※追記:その後も気になった箇所を日替わりで直しながら使っているが、それらについてはここにはもう書かない。
    Vortex Coreは手軽にキー配列を変えられるのでマイキー配列を日々手を加えながら使うことができる。
    ひとこと付け加えると、Aを左手小指の呪縛から解放すると、左手小指が楽になり、左Controlキーが使いやすくなる。特にEmacsキーバインドが心地よい。

keyboard-layout.QWUOJP.ver.0.0.2.jpg

その他

他の主な代替キーレイアウトたち

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?