MacOSX

MacOSX まとめ

More than 3 years have passed since last update.


参考

http://amzn.to/1TyFDI0


Mac OS X

UNIXベースのOS

UNIXにもいくつか種類があるが、

DarwinというOSがベースとなっている。

UNIXはいくつも種類があるが、そこで使用されるコマンドに

多くの違いはない。OS Xで覚えたUNIXコマンドはLinuxなどの

ほかのシステムを使うときにも役立つ。


ユーザー

UNIX系のOSでは、複数のユーザーが同時にシステムを利用することを前提としている。


  • スーパーユーザー

  • 一般ユーザー


スーパーユーザー


  • 「root」という特別なユーザIDが割り当てられている。

  • 「wheel」というグループに所属している

  • 一般ユーザーではできないシステム設定や操作を行うにはスーパーユーザーの権限が必要。

例)

rebootコマンドでMacを再起動

間違い

$reboot
reboot:Operation not permitted

正解

$ sudo reboot
Password:


ファイルのアクセス許可

すべてのファイルとディレクトリには「所有者」「グループ」「パーミッション」が設定されている。


パーミッション

「読み」「書き」「実行」

ls -l /Users

「グループ」標準は「staff」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060227/230729/?rt=nocnt


ディレクトリ構成

Finder上で表示されていないディレクトリもある

1.png

2.png

3.png


シェル

「シェル」とは、OS Xの内部にあるカーネルに実行してほしいことを伝えて、その結果を受取って返してくれるインターフェイスのこと。

Macで使用するのは、「bash」というシェル。

(Linuxでもデフォルトで使用されている高機能なシェル)


  • bashは、コマンドの入力を補完できる

  • パイプやリダイレクションなどの処理を行える

UNIX系OSでは、bashのほかに、cshやzshなどさまざまなシェルがある。

(OS Xにも標準でインストールされている)


シェル変数と環境変数


  • シェルを便利に使用するために覚えておいたほうがよいのが、

    「シェル変数」と「環境変数」。


  • 「変数名=値」という形式で設定する。



シェル変数

現在実行中のシェルで使用するための変数


環境変数

ログインしている間に有効な変数


環境変数の値を変更したり、新しい環境変数を追加したい場合

シェル変数に値をセットして、exportコマンドにパラメータとして渡す

$ export Home=/Users/emiko


bashの設定ファイルを書き換える


  • ターミナルで設定した環境変数は、ターミナルを終了すると元の状態に戻ってしまう。

  • ログインしたときに自動的に環境変数を設定するには、ホームディレクトリにあるbashの初期設定ファイルに設定を追加する。

スクリーンショット 2015-12-18 19.26.27.png

※「.bash_profile」「.bashrc」は自動的に作成されないので、作成する。


「.bash_profile」「.bashrc」を適用する


  • ログアウトしてから、ログインする

  • sorceコマンドを使用して反映する

$ source ~/.bash_profile


PATHを通す

PATHを通すとは、Macに実行ファイルの場所を教えてあげる事。

コマンドを実行するためにPATHを通す。


PATHの設定ファイル

ユーザー単位でPATHを通すには、~/.bash_profile に設定。

(「~/」 はユーザーのホームディレクトリ)

全ユーザーでPATHを通すには、/etc/paths に設定。

基本的には、~/.bash_profileに環境変数を設定した方が良い。

.bash_profile に環境変数 PATH を設定

.bash_profile が無い場合は、新規に作る。


$ sudo vi .bash_profile

.bash_profile に下記を記入
(例えば、$HOME/.nodebrew/current/bin のパスを通す場合)

```bash
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

現状のパスに、$HOME/.nodebrew/current/bin を追加(「$PATH」は現状のパス)

.bash_profile を読み直して確認

$ source ~/.bash_profile

$ echo $PATH
/Users/xxx/.nodebrew/current/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/git/bin

PATH という環境変数の一番上にHomebrewのディレクトリを追加する。

~/.bashrc ファイルの下に以下の行を追加するだけ。

■.bash_profileとは

.bash_profileに環境変数の設定をして、シェルの動作を変えることができます


Homebrew .bash_profile
export PATH=/usr/local/bin:$PATH
export PATH=/usr/local/sbin:$PATH

書式

環境変数1=設定値1
環境変数2=設定値2
環境変数3=設定値3

export 環境変数1 環境変数2 環境変数3


ターミナルTIPS


exitコマンドを入力したときにウィンドウを閉じるようにする

ターミナルメニュー→環境設定

「ウィンドウを閉じる」を選択する


ファイルの場所を調べる

mdfind -name ファイル名


システム情報を調べる

$ top

終了するにはcrl+C

スクリーンショット 2015-12-18 19.45.38.png

アクティビティモニタで表示される内容と同じ


5ギガ以上のファイルを表示

sudo du -g -d 5 /Users/ | awk '$1 >= 5{print}'


Macにしゃべらせる

sayコマンドを使用する

say Hello ,World

デフォルトではAlexという男性が読み上げる。

ほかの声を調べる

say -v

Agnesさんの声で読み上げる

say -v Agnes Hello, World


アプリケーションのデフォルト設定

OS Xのアプリケーションの多くでは、「plist」という拡張子のついたファイルに設定が保存されている。

~/Library/Preferences | grep Safari


ディレクトリをツリーで表示する 「tree」

$ tree ディレクトリ名


Finderタイトルをフルパス表示

$ defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -boolean true

$ killall Finder


  • 元に戻す

$ defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -boolean false

$ killall Finder