FuelPHP

FuelPHP 設定のまとめ

More than 3 years have passed since last update.


実行環境

/app/bootstrap.phpに記載。

デフォルトはDEVELOPMENT。


設定ファイル

/core/ FuelPHP本体の機能として提供されるクラスや設定ファイルが保存

/packages/ パッケージとして提供されるプログラム

/vender/ Composerによってインストールされたパッケージが格納


設定ファイル適用の考え方

/fuel/core/config/以下のファイルをコピーし、

/fuel/app/config/ 以下に置いて、適用させる。

core以外に、

/fuel/packages/

にデフォルトの設定ファイルが置かれている。

/fuel/app/config/development/以下に同名ファイルを配置した場合は、オーバーライドされる

developmentは実行環境設定により異なる(bootstrap.php)

111.png

222.png


config.phpの設定


  • 文字設定

  • パッケージ設定(auth/smarty/orm/)


Simpleauth使うときは、

config.phpに 'auth'を追加

/fuel/packages/auth/config/auth.phpをコピーし、

/fuel/app/config/ に置く。


smartyを使うときには、

config.phpに 'parser'を追加

composer.jsonに以下を追加しインストール

"smarty/smarty": "3.*",


routes.php ルーティング設定

/fuel/app/config/routes.php

スクリーンショット 2015-09-04 17.48.52.png


db設定

/fuel/app/config/development/db.php


Simpleauthを使う

1.config/config.phpに、authを追加する

 'always_load'  => array(

'packages' => array(
'orm',
'auth',
),

2.packages/auth/config/auth.phpをコピーし、/app/config/auth.phpに置く。


定数の設定


その他


  • validation


参考

http://kimagureneet.hatenablog.com/entry/2015/02/11/082850