This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

Improve article
RevisionsShow article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?

<6> 構造化型の概要と配列型 (標準 Pascal 範囲内での Delphi 入門)〔裏〕

6. 構造化型の概要と配列型

構造化型 (Structured Types)

6.1. 配列型 (Arrays)

(6.1.1.) 静的配列 (Static Arrays)

(6.1.2.) 動的配列 (Dynamic Arrays)

(6.1.2.1.) 配列コンストラクタ (Array Constructor)

(6.1.2.2.) 配列定数式 (Array Constant Expression)

(6.1.3.) 静的配列と動的配列の異なる振る舞い

(6.1.4.) 配列定数とグローバル配列変数の初期化

さらに Delphi 2009 以降には任意の型の「空の値」または「ゼロ値」または「ヌル値」を返すジェネリック型関数 Default() があります。

Default() 関数は、正確には Delphi 2007 for .NET から存在します。つまりジェネリック型のサポートも Delphi 2007 for .NET からです (参考)。

(6.1.5.) 動的配列の割り当て解除

(6.2.1.) 文字列型の何が特殊なのか

(6.2.2.) Delphi の文字列型 (String Types)

(6.2.3.) Pascal String (パスカル文字列)

一般的に Pascal String (パスカル文字列) と呼ばれる文字列型は標準 Pascal には存在しません。

この拡張は UCSD Pascal 由来のようです。デフォルトで 80 文字 (String)、最大長が 255 文字 (String[255]) でした。

クラシックな MacOS は Pascal / Object Pascal で書かれており、ここでも Str255 型という Pascal String が使われており、クラシック MacOS が C / C++ でリライト (?) されても 255 文字制限がずーっと残っていたとか。

See also:

(6.2.4.) alfa 型

(6.2.5.) NULL 終端文字列

6.3. パックとアンパック

(6.4) 型の互換性 (Compatible Types) と代入の互換性 (Assignment Compatibility)

(6.4.1) 型の同一性 (Type Identity)

(6.4.2) 型の互換性 (Compatible Types)

(6.4.3) 代入の互換性 (Assignment Compatibility)

(6.4.4) 構造等価 (Structual Equivalence) と 名前等価 (Name Equivalence)

索引

:ramen: [ ← 5. 列挙型と部分範囲型〔裏〕 ] [ ↑ 目次へ ] [ → 7. レコード型〔裏〕 ]

ht_deko
とある熊本の障害復旧(トラブルシューター)
https://ht-deko.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away