1. hshimo

    Posted

    hshimo
Changes in title
+多くの賢い人がビットコインを学ばず後悔するというよくある話
Changes in tags
Changes in body
Source | HTML | Preview

タイトルに書かれた話は、オライリー本「Mastering Bitcoin」の序文に書かれている内容です。

そして、僕も同じく後悔しました。

技術者に同じ後悔を味わって欲しくもなく、なぜ他の人は僕に教えてくれなかったのかと思うこともあるので、記事にしました。

自分の場合

ビットコインを暗号通貨と知ってから、単にそれが通貨で、通貨に対してのイノベーションと勘違いしていました。本格的に調べ始めてから、通貨や決済だけでなく、様々な資産管理、投票、合意、政治などあらゆる分野に対するイノベーションとインパクトになると知り、非常に興味深くなりハマりました。

技術者にとって興味深いであろうところ

  • P2P上でお金を扱っているのに、今まで誰にも盗まれていないこと (Mt.GOXはビットコイン外の話)
  • お金をプラグラミングできること
  • どこかの会社など誰もを信用する必要がないこと (お金が盗まれるとか、サーバが落ちるとか、運営会社がお金を盗む、倒産するなどを心配しなくて良い)
  • チューリング完全なプログラムをP2P上で実行することができる、という世界になってきていること (Ethereumなど)
  • オープン・ソースのプロジェクトの資金調達に使われはじめていること

Mastering Bitcoinからの引用

Mastering Bitcoinのちょうど日本語化作業をしていたので、以下に引用します。

私は、最初2011年の中頃にビットコインでつまずいていた。私の最初の反応は、「あー!オタクの通貨だ。」それ以上でも以下でもなかった。そしてその後6ヶ月間、その重要性を理解することなく無視していた。これは、私の知る沢山の賢い人々の間で繰り返し見る反応だ。そしてそれを見て、私は少し癒やされた。私が2回目にメーリングリストでビットコインに出会った時、私はナカモト・サトシによって書かれたホワイトペーパーを読むことにした。正式な情報元から学んで、それが何であるのかを知るために。未だに9ページを読み終えた時のことを覚えている。ビットコインが単にデジタル通貨というだけでなく、信用のネットワークの基盤をも提供するものだ、とその時に理解したのだった。「これはお金ではない。これは、非中央集権化された信用ネットワークなのだ。」とわかってから4ヶ月の間、私は見つけられる限りのどんな細かいビットコインの情報をも貪り読み続けた。私は取り憑かれ、魅了された。そして、毎日12時間以上私の出来る限りの時間、画面に食いつき、読み、書き、プログラムをし、学んだ。熱狂状態から戻って来た時には、まともに食事も取らなかったので、9キログラム以上も痩せていていたが、ビットコインに専念することに決めた。

非中央集権? 信用ネットワーク?

非中央集権や信用ネットワークの基盤と言われても、ピンと来ないかも知れません。特に日本に生まれ育った人には。
政府自体や政府の発行する通貨、そして銀行を信用してない人にはわかりやすいかも知れません。

技術者の場合は、こういう説明の方がわかりやすいでしょうか。

IDやパスワード、クレジット番号をどこかのWebサービスに入力するが不安ではありませんか? 盗まれたり、漏洩したりするからです。
つまり、今までの技術ではWebサービスの運営者を信用しなくてはいけなかった。
しかし、信用できるネットワーク(ブロックチェイン・テクノロジー)ができてからは、誰にでもオープンなプログラムとデータを信用するだけでよくなったのです。

どの条件になったら、誰にいくらのお金を送る、というプログラムをP2P上で実行するだけです。

まだよくわからない?

ユーザグループをやっていますので、こういうところで聞いてみて下さい。
Cryptocurrency Tech Japan: 日本暗号通貨技術の会

Mastering Bitcoinの情報

関連用語

  • ビットコイン, Bitcoin
  • Mastering Bitcoin, マスタリング・ビットコイン