Help us understand the problem. What is going on with this article?

WSL(Windows Subsystem for Linux)を導入する

目標

  • WSL 環境を構築する。
  • 併せて wsl-terminal もインストールする。

前提条件

  • Windows 10 であること。(Windows 10 HOME OS ビルド 18362.356 で検証しました。)

WSL とは?

  • Windows 上に OS の標準機能のみで Linux を導入できる仕組み。
  • 完全に Linux 互換ではない(Linux カーネルではなく、Windows が読み替えて実行している)ので、一部使えない機能がある。
    • デーモンが使えない。
    • Nginx を立ち上げることは出来る。
  • Windows のディレクトリをそのまま参照できる。
    • これが最大のメリットかと思う。

導入手順

WSL の有効化

「ファイル名を指定して実行」から appwiz.cpl を実行し、「プログラムと機能」を立ち上げる。
「Windows の機能の有効化または無効化」をクリック。
0000.png

「Windwos Subsystem for Linux」のチェックボックスにチェックをつけ、「OK」をクリック。
0010.png
インストール完了後、再起動してください。

WSL のインストール

Microsoft Store から「WSL」で検索。
0020.png

「Ubuntu」をクリック。
0030.png

「入手」をクリック。
0040.png
インストールが始まります。

インストール完了後、「起動」をクリック。
0060.png

ターミナルが立ち上がるので、「ユーザー名」「パスワード」を入力して、ログインできれば成功。
0070.png

先ほど入力したパスワードで root にもなれます。
0080.png

wsl-terminal の導入

標準のターミナルが使いにくいので、wsl-terminal を導入します。
以下より、最新版を取得して、任意のディレクトリに展開してください。
https://github.com/goreliu/wsl-terminal/releases

展開後「open-wsl.exe」を実行すれば、「wsl-terminal」が起動します。

パッケージのアップデートを実施

sudo apt update
sudo apt upgrade

以上で導入完了。

所感

Windows 上のファイルに対して、linux コマンドが使えるというメリットは大きい。
ただ、デーモンとして使えないので、開発環境として簡易な検証環境を立てる、にとどまりそう。
ここは WSL2 で解消される?(参考: https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1906/14/news019.html)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away