--- title: 通った経路を可視化する機械学習的なもの on Canvas tags: canvas JavaScript HTML5 機械学習 author: hp0me slide: false --- ![eeeer.gif](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/57193/db161236-90a5-0290-4aaa-0c3310eb5172.gif) ##動機 帰り道、pasmoを使っていて思ったこと。「カードとお札を同時に入れたら大体チャージするんだからチャージ画面に遷移してほしい」と。んで、こういう経路から行く確率が色合いになって見えるcanvasを作ってみようと思いました。機械学習の練習的な意味もありつつ。今回は生のCanvasを使いました。 ##動かし方 キーボードの右左を押すと動きます。 通った経路を学習して濃度を記憶していきます。 濃さが100になったところのみ記録しておけば、何かができる感じ。 これだけじゃ、抽象的ですが。。 ##意味 よく通る経路を学習していこうっていう方向性です。 機械学習はまだ全然分からないので我流です。JSで何かできないか知りたいですね。 ##コードが変 殴り書きなので、変というか雑ですね・・ ##全体のイメージ まずピラミッド状を描きます。pyramidingとmakeAnalizerって関数が対になってるのですが、pyramidingは入れ子でループしてます。makeAnalizerも同じく入れ子でループしてますが、こいつはピラミッド探索用のやつ。 someProcessは一応クラスで、この図だとひとつの円です。応用編ではひとつのプロセスを指すようになるはずです、たとえばSuicaとお札を同時に入れた時、とか。 ##コード jsdoit : http://jsdo.it/hp0me_/eiCT ```html:practice.html

```