Vim
Linux
CentOS
centos7

Vimの編集あれこれ

Linux CentOS7を触り始めて間もなく、Vimを使用しているときにあまりにも忘れてしまいがちなデリート/ヤンク/プットについて自分のために残しておきます。

デリート:d

ヤンク:y

プット:p

d$:行末までデリート

d0:行頭までデリート

x,dl:1文字をデリート

dw:単語を1つデリート

dgg:最初の行までデリート

dG:最後の行までデリート

p:プット

yy:現在カーソルのある行をヤンク

dd:現在カーソルのある行をデリート

u:アンドゥ (undo)

Ctr+r:リドゥ(redo)

dに相当する部分をy,pに置き替えることでヤンク/プットが可能になる。

dの後ろに相当する部分はカーソル移動のコマンドであり、それの組み合わせになっている。