1. hnw

    No comment

    hnw
Changes in body
Source | HTML | Preview

mackerel-agent v0.64.1より、Raspberry Piで使える32bit ARM用Debianパッケージが自動ビルドされるようになりました。

これまでも32bit ARM用のバイナリファイルを含むtar.gzは自動ビルドされていたのですが、バイナリファイル以外の部分は自分で頑張る必要がありました。

一方、Debianパッケージにはsystemdによる自動起動の設定も含まれるので、手持ちのRaspberry PiをシュッとMackerel管理下に置けるようになります。

Raspberry Piは画面無しで運用することが多いと思います。そんなときでも、Mackerel管理しておくとトラブルシューティングが楽になるのでオススメです。

動作例

筆者のRaspberry Pi Zeroでの動作例です。

image.png

image.png

メモリ512MB1のマシンでもちゃんと動いているのがわかります。

インストール手順

mackerel-agentのリリースページに行き、最新版の mackerel-agent_*_armhf.deb のURLをコピーします。

そしてRaspberry Piにログインして *.deb をダウンロード、インストール、設定します。

$ wget https://github.com/mackerelio/mackerel-agent/releases/download/v0.64.1/mackerel-agent_0.64.1-1.systemd_armhf.deb
$ sudo apt install ./mackerel-agent_0.64.1-1.systemd_armhf.deb
$ sudo vi /etc/mackerel-agent/mackerel-agent.conf
$ sudo systemctl start mackerel-agent

詳しくは公式マニュアル「Ubuntu / Debian にインストールする - Mackerel ヘルプ」をご覧ください。

注意点

ARM版バイナリは公式サポートではないので、トラブっても泣かない精神が必要です。トラブったらPull Requestを投げましょう。

参考URL補足

ちなみに筆者はPull Requestを送っただけの一般人です。おかげで家庭内で稼働しているRaspberry Piが増えました。


  1. 512MBのメモリのうち64MBをGPUに割り当てているのでCPUから見えるメモリは448MBのはずなんですがMackerelの表示と少しズレてますね…。