0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

日足の4本値とチャートデータをマージしないマージツール

はじめに

前記事

  1. auカブコム証券のkabuステーションREST APIをcurlで叩く
  2. auカブコム証券のkabuステーションREST APIをjava(generated by the swagger code generator)で叩く
  3. auカブコム証券のkabuステーションREST APIの残高照会をcurlとjavaで叩く
  4. auカブコム証券のkabuステーションREST APIの残高照会から先物OPのdeltaを計算する
  5. auカブコム証券のkabuステーションREST APIのテスト用モックサーバーを作る
  6. auカブコム証券のkabuステーションREST APIの認証済TOKENをファイル管理する
  7. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文を作ってみる(情報収集編)
  8. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文を作ってみる(注文発注編)
  9. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文を作ってみる(ツール完成編)
  10. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のリピート注文を作ってみる(注文約定調査編)
  11. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文の改善(トレイル幅の動的拡張)
  12. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のリピート注文を作ってみる(設計、検証用実装編)
  13. auカブコム証券のチャートデータの日付を調整する
  14. auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIのサンプル
  15. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のリピート注文を作ってみる(リファクタリング編)
  16. auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する
  17. 5分足の時刻を列挙する
  18. 保存した4本値チャートデータの終値と、PUSH APIで受信したチャートデータをマージする
  19. マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(SMA6,SMA12,SMA24編)
  20. マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(ボリンジャーバンド編)
  21. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文の改善(前回実行時からの高値/安値)
  22. auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文の改善(残高管理方法変更)
  23. マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(MACD編)
  24. auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する(複数銘柄対応版)
  25. auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIで受信した気配情報対応
  26. 保存した4本値チャートデータと、PUSH APIで受信したチャートデータをマージした4本値を出力する
  27. マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(HV編)
  28. マージしたチャートデータのファイル名の調整
  29. チャートデータの日付を調整する背景

タイトルがおかしいですが、マージしないマージツールです。

制限

29番目の記事にあるとおり、日足の始値が前日の夜間の開始時刻16:30なので、過去の受信したファイルをどこで切るのか、またダウンロードを6:30ごろしているので、これもまだ未確定で次の15:15まで受信した現値で更新しないといけないということで、マージしないマージツールを作って、日足は暫定対応済にする。

マージしないマージツールを作る目的は、既存のマージツールのカラムフォーマットと合わせるため。
カラムフォーマットが合っていないと、テクニカル指標を計算するツールが入力ファイル名以外にも修正が必要となる。

動作

日足は15:15で確定するので、ダウンロードする場合は、15:15~16:30の間に行う。
過去の6:30にダウンロードしたファイルは、いったん保存されるが、翌日の6:30のときの前日の15:15の終値で確定される。
PUSH APIで受信した現値は何もしない。

githubソース

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?