search
LoginSignup
0

posted at

updated at

【共通】auカブコム証券のkabuステーションREST APIに関する記事一覧

はじめに

過去の記事のリンクを毎回貼り付けてきたが、メンテが不可能なので、一覧をまとめ、この記事をリンクすることにする。

記事一覧

  1. 【bat】auカブコム証券のkabuステーションREST APIをcurlで叩く
    curlコマンドで認証、時価情報のAPIアクセスする。
  2. 【v1】auカブコム証券のkabuステーションREST APIをjava(generated by the swagger code generator)で叩く
    swagger-uiからjavaのクライアントソースを生成して、認証、時価情報のAPIアクセスする。
  3. 【v2】auカブコム証券のkabuステーションREST APIの残高照会をcurlとjavaで叩く
    残高照会のAPIアクセスする。
  4. 【v3】auカブコム証券のkabuステーションREST APIの残高照会から先物OPのdeltaを計算する
    残高照会、時価情報のAPIアクセスして、先物OPのdelta値を計算する。
  5. 【kabusapi-mockserver】auカブコム証券のkabuステーションREST APIのテスト用モックサーバーを作る
    swagger-uiからjavaのサーバーソースを生成して、モックサーバーを立ち上げる。
  6. 【v4】auカブコム証券のkabuステーションREST APIの認証済TOKENをファイル管理する
    認証APIが発行したトークンを複数プロセスで共有するためファイルで管理する。
  7. 【v5】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文を作ってみる(情報収集編)
    トレイル注文を作るために調査する。
  8. 【v6】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文を作ってみる(注文発注編)
    トレイル注文のため、注文発注のAPIアクセスする。
  9. 【v7】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文を作ってみる(ツール完成編)
    トレイル注文ツールとストップロス注文ツールを作る。
  10. 【v8】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のリピート注文を作ってみる(注文約定調査編)
    リピート注文を作るために調査する。
  11. 【v7_2】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文の改善(トレイル幅の動的拡張)
    トレイル注文ツールを改善する。
  12. 【v9】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のリピート注文を作ってみる(設計、検証用実装編)
    リピート注文ツールを作る。
  13. 【v10】auカブコム証券のチャートデータの日付を調整する
    4本値をダウンロードすると、日付が取引日のため、実際の日付と異なるため、試行錯誤で調整する。
  14. 【v11】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIのサンプル
    PUSH API(WebSocket)の時価情報を受信する。
  15. 【v9_2】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のリピート注文を作ってみる(リファクタリング編)
    リピート注文ツールを作る。
  16. 【v12】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する
    PUSH API受信ツールを作る。
  17. 【v13】5分足の時刻を列挙する
    5分足を計算するために調査する。
  18. 【v14】保存した4本値チャートデータの終値と、PUSH APIで受信したチャートデータをマージする
    ダウンロードした4本値とPUSH APIで受信した現値をマージする。
  19. 【v15】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(SMA6,SMA12,SMA24編)
    単純移動平均を計算する。
  20. 【v16】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(ボリンジャーバンド編)
    ボリンジャーバンドを計算する。
  21. 【v17】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文の改善(前回実行時からの高値/安値)
    トレイル注文がPUSH APIで受信した時価情報を参照する。
  22. 【v18】auカブコム証券のkabuステーションREST APIで自前のトレイル注文の改善(残高管理方法変更)
    トレイル注文が管理するファイルフォーマットを改善する。
  23. 【v19】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(MACD編)
    MACDを計算する。
  24. 【v20】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する(複数銘柄対応版)
    PUSH APIで複数の銘柄の時価情報を扱う。
  25. 【v21】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIで受信した気配情報対応
    PUSH APIの気配情報のJSONデータに対応する。
  26. 【v22】保存した4本値チャートデータと、PUSH APIで受信したチャートデータをマージした4本値を出力する
    ダウンロードした4本値とPUSH APIの現値をマージして、4本値を出力する。
  27. 【v23】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(HV編)
    ヒストリカルボラティリティを計算する。
  28. 【kabusapp】マージしたチャートデータのファイル名の調整
    マージツールのファイル名を改善する。
  29. 【none】チャートデータの日付を調整する背景
    取引日に関するメモ。
  30. 【v24】日足の4本値とチャートデータをマージしないマージツール
    マージツールの後回し部分を修正する。
  31. 【v25】1分足の4本値とチャートデータをマージするツール
    マージツールを5分足から1分足に変更する。
  32. 【v26】一次関数の傾きと切片を計算する
    価格のトレンドを計算する。
  33. 【v27】ダウンロードした複数銘柄のチャートデータに対応する
    1銘柄から複数銘柄に対応する。
  34. 【v28】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(Pivot編)
    ピボットを計算する。
  35. 【v29】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(DMI編)
    DMIを計算する。
  36. 【v30】CalcIndicatorクラスの依存性を切る
    プラグイン具象クラスの依存性を切る。
  37. 【v31】複数の分足の4本値とチャートデータをマージするツール
    マージツールを1分足から複数の分足に対応する。
  38. 【v32】リアルタイムに4本値とチャートデータをマージするツール
    PUSH APIを受信して保存したファイルを監視して、リアルタイムにマージする。
  39. 【v33】複数の分足のテクニカル指標を計算する
    テクニカル指標計算ツールを、複数の分足に対応する。
  40. 【v34】リアルタイムにテクニカル指標を計算する
    リアルタイムにマージしたチャートデータに対して、テクニカル指標を計算する。
  41. 【v35】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する(フラッシュ間隔を調整)
    PUSH APIで受信したデータをファイルに保存(フラッシュ)する間隔を調整する。
  42. 【v36】マージツールに売買高を対象にする
    マージツールを4本値に加えて売買高も対応する。
  43. 【v37】テクニカル指標計算ツールとリアルタイム監視ツールに売買高を対象にする
    テクニカル指標計算ツールとリアルタイム監視ツールを4本値に加えて売買高も対応する。
  44. 【v38】マージツールとテクニカル指標計算ツールを統合する
    独立していたツールを統合する。
  45. 【logic】時刻のみのtime_tを作ってみた
    int型で時刻のみを扱うためのユーティリティ関数を作る。
  46. 【v38】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(パラボリック編)
    パラボリックを計算する。
  47. 【v39】テクニカル指標からイベントトリガーを発火する
    計算したテクニカル指標をチェックしてイベントを発生させる。
  48. 【v38】マージしたチャートデータからテクニカル指標を計算する(転換点編)
    転換点を計算する。
  49. 【v40】Tickデータをコピーするツール
    Tickデータをコピーし、イベントトリガーでチェックする。
  50. 【kabusapp-restserver】自前のRESTサーバーを作成する
    スケールアウトさせるため、自前のRESTサーバープロジェクトを作成する。
  51. 【v41】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する(RESTサーバーへ送信)
    PUSH APIで受信した時価情報をRESTサーバーへ送信する。
  52. 【v42】リアルタイムのマージツールとTickデータのコピーツールが時価情報をRESTサーバーへ送信する
    リアルタイム監視ツールとTickデータコピーツールで、RESTサーバーへ送信する。
  53. 【v43】4本値の日付調整ツールがチャートDBファイルをRESTサーバーへ送信する
    カレンダー登録ツールと4本値の日付調整ツールで、RESTサーバーへ送信する。
  54. 【v44】auカブコム証券のkabuステーションPUSH APIを受信してCSVファイルへ保存する(先頭カラムにタイムスタンプを追加)
    PUSH APIで受信したデータを第1カラムにクライアント側のタイムスタンプを追加して保存する。
  55. 【logic,util】ファイルロックに関する見直し
    ファイルロックに関して、Webアプリのような何度も呼ばれる時に、正しくリソースが解放されない問題を改善する。
  56. 【kabuswebapp】auカブコム証券のkabuステーションREST APIをJava Servletで叩く
    swagger-uiが生成したjavaのクライアントソースを使用して、Java Servletから認証、時価情報のAPIアクセスする。
  57. 【v45】各種ツールを先頭カラムのタイムスタンプに対応する
    v44で先頭カラムにタイムスタンプを追加したので、影響を受ける各種ツールを新旧どちらのファイルにも対応する。
  58. 【v45】イベントトリガーの結果を統合してソートして保存する
    イベントトリガーが分足とテクニカル指標ごとに実行して、別々のファイルに保存していたが、これを統合して、日付順にソートして保存する。
  59. 【kabuslib】auカブコム証券のkabuステーションREST APIをswaggerで生成したライブラリ
    swagger-uiからjavaのクライアントソースを生成し、独立したライブラリでレポジトリを作成する。
  60. 【logic】銘柄コード取得APIのキャッシュ管理
    銘柄コード取得APIのキャッシュ管理を作成する。
  61. 【kabuslib】auカブコム証券のkabuステーションREST APIを列挙体でラップしたAPI
    swagger-uiが生成したソースは、int型やString型なので、列挙体を使用したAPIメソッドやモデルクラスを作成する。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0