Edited at

AWS Lambda向けEC2のnodeのバージョンを更新する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

使い捨てのAWS Lambda(node.js)の実行環境をEC2に構築するときのメモです。

AWS Lambdaの実行環境は、1〜2年に1度、利用できるnode.jsのバージョンが追加されます。

今年も、4月にv8.10.0が利用できるようになりました。

AWS EC2にLambdaと同じバージョンのnode.jsをインストールする場合、代表的なインストール方法は次のようになります。


  • ソースからmakeでインストール

  • linux用のバージョン管理ソフト(yum etc.)を使ってインストール

  • node.js用のバージョン管理ソフト(nvm etc.)を使ってインストール

このうちのyumでインストールしたときのメモです。

EC2はAmazon Linux AMI バージョン (AMI 名: amzn-ami-hvm-2017.03.1.20170812-x86_64-gp2)を利用しました。


インストール

$ sudo yum install nodejs-8.10.0 npm --enablerepo=epel

(備考) ソースやnvmからインストールしたnode.jsは事前にアンインストールしておきます。


確認

$ node -v

v8.10.0
$ npm -v
v6.0.1


更新対象から除外

nodejsをsudo yum update の対象から除外しておきます。


/etc/yum.conf

exclude=nodejs



(備考)アンインストール

私の場合、前回、ソースからインストールしたので、yumによるインストールの前に、ソースからインストールしたnode.jsのアンインストールを実施しました。また、アンインストールしただけだと、node.jsのパスを誤認識する状況になってしまったので、EC2のインスタンスを再起動しました。

$ cd nodeのソースコードのディレクトリ

$ make uninstall