Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Lambda向けEC2のnodeのバージョンを更新する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

使い捨てのAWS Lambda(node.js)の実行環境をEC2に構築するときのメモです。

AWS Lambdaの実行環境は、1〜2年に1度、利用できるnode.jsのバージョンが追加されます。
今年も、4月にv8.10.0が利用できるようになりました。

AWS EC2にLambdaと同じバージョンのnode.jsをインストールする場合、代表的なインストール方法は次のようになります。

  • ソースからmakeでインストール
  • linux用のバージョン管理ソフト(yum etc.)を使ってインストール
  • node.js用のバージョン管理ソフト(nvm etc.)を使ってインストール

このうちのyumでインストールしたときのメモです。

EC2はAmazon Linux AMI バージョン (AMI 名: amzn-ami-hvm-2017.03.1.20170812-x86_64-gp2)を利用しました。

インストール

$ sudo yum install nodejs-8.10.0 npm --enablerepo=epel

(備考) ソースやnvmからインストールしたnode.jsは事前にアンインストールしておきます。

確認

$ node -v
v8.10.0
$ npm -v
v6.0.1

更新対象から除外

nodejsをsudo yum update の対象から除外しておきます。

/etc/yum.conf
exclude=nodejs

(備考)アンインストール

私の場合、前回、ソースからインストールしたので、yumによるインストールの前に、ソースからインストールしたnode.jsのアンインストールを実施しました。また、アンインストールしただけだと、node.jsのパスを誤認識する状況になってしまったので、EC2のインスタンスを再起動しました。

$ cd nodeのソースコードのディレクトリ
$ make uninstall
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away